【祈りの効果が表れるまでの時間】秋良先生(電話占いFeel)

▼当サイトで人気の電話占いおすすめランキングはこちら!

今だけ!初回特典実質6000円無料! 厳選された占い師が勢ぞろい!

鑑定実績20万件以上! 幸せの電話占いという愛称で大人気! 信頼度抜群!実力派の占い師が勢ぞろい! ポイント制度の導入でお得に鑑定♪

こんにちは。
フィール鑑定士の秋良です。

今日は祈りの効果が表れるまでの時間について書いていこうと思います。

この写真は、毎晩日暮れ前後にリシュケシュで行われている祈りの儀式です。
火をつけた棒を振り回しながら念仏を唱えます。聖なるガンガーに向かって。

インドの時間間隔は悠久とでも言いたいものがあるので、念仏唱えたところですぐさま願いが叶うとは誰も期待していません。

アーユルベータのパンチャカルマでさえ、全てのコースをやり終えてから半年後位により効果を実感すると言われています。

体をクリアな状態にリセットして、(これが治療)新たな状態で正しく体が機能し始めたのを実感するのにそのくらいの時間が必要なようです。

植物の種を植えてから、芽が出て花が咲き、実がなって収穫するまでにも時間がかかります。
人が生まれてから大人になるのにも20年掛かります。

このように全ての事柄は結果が出るまで必要な月日は様々です。
人間関係も同じです。
ある二人の人間が出会い、理想的な人間関係や信頼関係を築き上げるにはそれぞれのカルマによりある程度の時間が必要となってきます。
幾ら今祈りを捧げて、自分の希望通りの結果になるよう行動をしたとしても、その結果が表れるのは今すぐとは限りません。

祈りを捧げ(種をまく)、希望通りの結果になるよう行動(水やりなど)したあと、実がなって収穫するまで「待つ」という作業を忘れてはいけません。

何事も起こらない状態で「ただ待つ」ことが必要とされる時に出来ることは、相手や対象物に対してではなく、自分に対しての働きかけです。

占い師をやっていると、「いつこの結果が出ますか」とか「次いつXXさんから連絡が来ますか」と聞かれることがあります。

このような質問は、占わなくても状況判断できればわかることです。ではなぜこのような質問になるのか? おそらく結果が出ていない、先がわからないという状況が不安だからだと考えられます。

時期が分かっている場合は、「その内容(結果)」が気になるわけです。
でもね、人生は先が分からないからこそ楽しいんですよ。

それらは時期が来ればわかるから気にしないでください。
それよりも、今この瞬間に自分に出来る最善の選択と行動をしてください。
それは何なのか?ということを占うのが有効な占いの活用法だと思います。

今何を考え、何をするかにより、未来は決まっていきます。
今心配だけして何も行動をしなければ、「何も変わらない」という未来が出来ていきます。

正しく考え、正しく思考し、正しく行動することの意味を次回は書こうと思います。

それでは今日はこれにて。
ごきげんよう。

◆秋良先生に占って欲しい方はこちら◆

PAGE TOP