【インドで薬草浣腸を受ける前のお試しアーユルベータ体験談④】秋良先生(電話占いFeel)

▼当サイトで人気の電話占いおすすめランキングはこちら!

今だけ!初回特典実質6000円無料! 厳選された占い師が勢ぞろい!

鑑定実績20万件以上! 幸せの電話占いという愛称で大人気! 信頼度抜群!実力派の占い師が勢ぞろい! ポイント制度の導入でお得に鑑定♪

こんにちは。
フィール鑑定士の秋良です。

今日も引き続き薬草浣腸を受ける前にお試しで色んなパンチャカルマ両方を受けてみたときの体験談について書いていこうと思います。

引き続き、それぞれのパンチャカルマ療法を受けた個人的感想です。

⑧ Virechana 1回(薬草下剤法。①、⑤、⑥の後に行う)
蒸気の前処置の後に、今回のプログラムの中のクライマックス、下剤法を行います。
朝何も食べずにミルクに混ぜた下剤を飲みます。そのあと下りきってものすごい空腹を感じるまで白湯だけ飲み続け、とにかく下します。

これで体内の毒素が出ていくのだそうです。私の場合、夕方までで合計7回下し、4回目以降は白っぽい水が肛門から出てくるだけとなりました。

この日は水が多めのおかゆしか食べられないです。飲み物は白湯だけです。よって、夕方にはへとへとでしゃべるのもめんどくさいほどに疲れました。よっぽど毒がたまってなければやりたくないです。。

⑨ Thakra Dhara 3回 (薬草バターミルクをおでこからたらす。冷たい)
暖かいオイルではなく、冷たい薬草バターミルク(ヨーグルトを水で溶いたイメージ)を額からたらします。冷たいので気持ちよくないです。。。40分程度か?終わったらお湯で髪をゆすいでくれるのですが、ちゃんとシャンプーで洗うまでヨーグルト臭い上に髪ががぴがぴになります。必要がなければ二度とやりたくないです。。

というわけで、これは「スパでデトックス」なんていう優雅なものではなく、拷問に近い治療だと思い知りました。おまけにアーユルベータの治療中、患者は日のささない暗めの部屋でなるべく横たわり、何もしないでリラックスしていることが求められます。

冷たい飲み物、風、日光、激しい運動、煙、昼寝、セックス、怒り、欲望、ストレスなどを避け、自然衝動(排泄など)を我慢せずに、心静かに過ごすことも求められます。

つまり、ほぼ軟禁状態で拷問に近い治療を受けるのです。
これが、本場のアーユルベータ。。。

「用事(差し迫った必要)がない限り、やりたくないわ」というのがこの時点での私の感想です。

院長に私の長年のバータの蓄積による腰痛を取り除くには、3つの大量浣腸を含むVasti8日間コースを受けることを勧められましたが、小さい浣腸5回でももう十分だったので、いや、それは。。とこの時は辞退しました。

その後結局やっぱりフルコースやりたくなるのですが、この時はもう十分だーというのが私の率直な感想でした。

電話占いを通していろんな方の人生に触れていると、それが恋愛であれ、仕事であれ、家庭問題であれ、皆様のお悩みのポイントは本来の自分の生き方からずれているときに生じているのだと考えるようになりました。本来の生き方に戻ればスッキリと日々を送れるのです。
一緒にそれを見出していきましょう。

それでは今日はこれにて。
ごきげんよう。

◆秋良先生に占って欲しい方はこちら◆

PAGE TOP