【それぞれのドーシャの特性】秋良先生(電話占いFeel)

▼当サイトで人気の電話占いおすすめランキングはこちら!

今だけ!初回特典実質6000円無料! 厳選された占い師が勢ぞろい!

鑑定実績20万件以上! 幸せの電話占いという愛称で大人気! 信頼度抜群!実力派の占い師が勢ぞろい! ポイント制度の導入でお得に鑑定♪

今日はそれぞれのドーシャの特性について書こうと思います。

① バータ
空と風の要素が優勢です。
体の運動、神経活動を司り、バータが増えすぎることによって引き起こされる病気は80種です。痛み、硬直、麻痺、高血圧、心臓病などはバータのアンバランスが原因とされます。
② ピッタ
火の要素が優勢です。
体に熱を与え、血液循環システムを司り、主に酵素とホルモンを分泌します。消化、体温調整、□、空腹感、のどの渇き、食欲、顔色、知性、勇気、体の柔軟性、皮膚の色なども司ります。ピッタの増えすぎで起こる病気は40種類もあり、灼熱感、体温上昇、黄疸、蕁麻疹やその他の皮膚疾患はびったのアンバランスが原因とされます。
③ カファ
水と地の要素が優勢です。粘膜を支配し、身体強度、なめらかさ、丈夫で安定した間接、勢力、強さ、忍耐などを司ります。カファが増えすぎて起こる病気は20種類あり、拒食症、怠惰、咳、痰、動脈硬化、肥満、消化力の低下などの症状が現れます。

トリドーシャは全身に広がっていますが、
各ドーシャは体の特定の部位や器官と関連しています。
臍より下の部分はバータ、心臓と臍の間にピッタ、心臓より上の部分にカファが存在します。

詳しく書くと、
バータは大腸、太もも、腰、耳、骨、皮膚です。もっとも重要な器官は腸です。
ピッタは臍の周辺、胃、小腸、汗、リンパ、血液、血漿、目、皮膚です。
もっとも重要な器官は臍周辺です。
カファは胸、喉、頭、すい臓、関節、胃、小腸、血漿、脂肪、鼻、舌です。
もっとも重要な器官は胸です。

増えすぎたドーシャによる病気の治療は、パンチャカルマ(私が受けたあの拷問のような治療法)を含む様々な方法によりドーシャを鎮静化させることです。
ドーシャの減少は食事療法により回復もさせます。

(注;アーユルベータ病院バックヤード、薬草を作る場所)

トリドーシャの増えすぎたときの症状はこんな感じです。
① バータ
体が細くなる、暖かさを好む、皮膚の黒ずみ、便秘、震え、腹部膨満、スタミナ不足、もろさ、不眠、感覚器官の機能低下、眩暈、就く様な痛み、粗さ、腹痛、手足の異常な動き、しびれ、冷え、衰弱、臆病、声が枯れる、不適切な話し方
② ピッタ
黄色い便、目・皮膚、空腹感、のどの渇き、灼熱感、不眠、多汗、疲労、体臭が強くなる、粘着質、化膿、怒り、支離滅裂な話し方、気絶、めまい、胆汁を吐く、吐き気、冷たい食べ物や環境を好む
③ カファ
食欲減退、吐き気、偏食、消化不良、分泌物・排泄物の障害、体の重さ、だらしなくなる、蒼白、冷え、関節がゆるむ、呼吸困難、咳、睡眠過多、かゆみ、油っぽくなる

みなさんあてはまる症状はありますか?
次はそれぞれのドーシャが増えすぎる原因とその対処法について書きますね。

それでは今日はこれにて。
ごきげんよう。

◆秋良先生に占って欲しい方はこちら◆

PAGE TOP