【さよならにさよならを】心優歌先生(電話占いFeel)

▼当サイトで人気の電話占いおすすめランキングはこちら!

今だけ!初回特典実質6000円無料! 厳選された占い師が勢ぞろい!

鑑定実績20万件以上! 幸せの電話占いという愛称で大人気! 信頼度抜群!実力派の占い師が勢ぞろい! ポイント制度の導入でお得に鑑定♪

皆さん、こんにちは。
フィール鑑定師の心優歌です。

ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか。

何か良いことありましたか。

私はお気に入りのカフェでリラックスしてきました。

自然豊かな場所なので、良いリフレッシュになりましたよ。

夜は夏の虫の声がします。
早いものですね。

さて、今日は「さよならにさよならを」と題して書いてみます。

これは、「あのさよならにさよならを(華原朋美・中島みゆき)」を聴いたからです。

華原朋美さんこと、ともちゃんバージョンと中島みゆきさんバージョンの両方を聴いたのです。

同じ歌でも、歌い手が違うとやはり曲の雰囲気は違いますね。

さよならに決別すると歌う華原朋美さんの歌がリアルに切なく聴こえるのは、華原朋美さんの過去の恋愛の経験が反映されているからでしょうか。

実際には、別れと決別するとは、なかなか難しいことです。

さよならをしても、後々、後悔したり、思い出したりと心は揺れ動くものです。

別れは痛みと孤独を経験します。

この歌を華原朋美さんが伸びやかに歌っているのを聴いて、過去の恋愛がふっきれたのだろうかと思いました。

さよならにさよならと歌えるまで、とても苦しいプロセスを経て、長い年月が必要だったはずです。

このような歌は、実は割りと多くの方が必要としているのではないかと思いました。

同様の経験がある人は、おそらく少なくはないかも知れません。
多くの人に求められている、必要とされている曲でしょう。

さよならにさよならと言えるかどうか、さよならとまだ言えないという人、言えた人、それぞれかと思います。

さよならにさよならと言えるのは、簡単ではないことです。

人は別れや孤独、失うことをとても怖れるからです。

しかし、望む、望まないに関わらず、別れのときはやってきます。

心の整理がついて、別れることを決める場合であっても時間がたってからいろいろと考えることはあるでしょう。

南の前触れもなくやってする突然の別れ、望まないのに突きつけられる別れは、心を蝕むこともあるでしょう。
そうした別れは、一瞬のことでおとずれることもあるので、衝撃は大きく、トラウマにさえなることもあるでしょう。

相手が去った後の穴埋めは、容易いことではありません。

だからこそ、執着心、依存心、すがりたい気持ちも生まれます。

さよならにさよならをと、そう決められるのは何よりも自分自身です。

さよならにさよならをとは、二回さよならをするわけです。

辛い気持ちや痛みがふと軽くなったと感じたときが、さよならにさよならをするタイミングだと思います。

◆心優歌先生に占って欲しい方はこちら◆

PAGE TOP