【龍を味方につければ凄いことになる予感】妃ジュエル先生(電話占いFeel)

▼当サイトで人気の電話占いおすすめランキングはこちら!

今だけ!初回特典実質6000円無料! 厳選された占い師が勢ぞろい!

鑑定実績20万件以上! 幸せの電話占いという愛称で大人気! 信頼度抜群!実力派の占い師が勢ぞろい! ポイント制度の導入でお得に鑑定♪

中国古代の「神獣」といえば“青龍・白虎・朱雀・玄武の四神(ししん)”や“麒麟(きりん)”などが有名ですが、まず「神獣」とはどんな動物なのでしょうか?

「神獣」とは…「霊妙な力を持つ特別な獣。」または「吉兆として現れる霊妙な獣。」とされています。

これら霊妙なエネルギーやパワーは目には見えません。そこで、これらのエネルギーやパワーを目に見える形としてシンボル化したのが「龍」や「麒麟」です。そのシンボルが、「絵」や「置物」などに姿を変え、開運のアイテムとして親しまれているのです。

今回は「神獣」の中でも、絶大なエネルギーとパワーを誇る「龍」についてお話ししましょう。
特に「龍」は地上でのあらゆるエネルギーやパワーの源とされています。
そして「龍」は、風水の中でもよく登場し、「龍」持つエネルギーやパワーは桁違いな動物といわれています。

そのご利益は「恋愛運」「仕事運」「金運」「出世運」「対人運」「人気運」「家庭運」「健康運」などなど数多く、また「総合的な開運」にも力を発揮する神獣の中でもスペシャルな存在が「龍」なのです。

では、この絶大なエネルギーとパワーを持つ「龍」はどう扱ったらいいのでしょうか?

まず「龍」にはその“種類”と、あなたにとって「相性の良い龍」の“選び方”があります。
その分け方は「龍」の「外見」、「気質」、「能力」などで分類されています。

ところで東洋の概念に「陰陽五行」というものがあります。簡単にいうと“万物は「木・火・土・金・水」でできている。”という概念です。
そして、龍にも5つのタイプがいます。これらを当てはめると、「木=青龍」、「火=紅龍」、「土=黄龍」、「金=白龍」、「水=黒龍」と成ります。
つまり…。例えば、あなたが「木」のエネルギーを強く持てって生まれてきているのなら、相性の良い「龍」は「青龍」ということに成ります。

そして、龍には「爪の数」でパワーが異なります。最強は「5本爪」、ついで「4本」、「3本」と成ります。

選ぶポイントとしては、慣れてない方(龍初心者)は「3本爪」からレベルアップさせていくことをオススメします。
なぜなら、爪が増えるごとにエネルギーやパワーも強く成ります。慣れてない方は、そのエネルギーやパワーに振り回されて空回りしてしまう状態に成ります。
分かりやすく例えるなら、免許取り立ての方がいきなりダンプカーに乗るようなものです。

開運アイテムとして購入する際は、まずは3本爪の龍の中から選んで頂ければ、あとは直感で構いません。目を引く物だったり、手に取った時に癒しやエネルギーを感じられる「龍」があなたにとって「相性の良い龍」といえるでしょう。

つぎに、購入した「龍」の配置ですですが、「龍」のエネルギーやパワーを最大限に引き出す「龍」の置き場所や置き方があります。

風水的には「龍」のエネルギーが集まるのは「玄関や入り口を入って“右側”」か、「“水”を意味する“北”」に置くと良いとされています。
“火”のそば、例えば「電化製品の上」や「“火”を意味する“南”」に置くことはNGです。

そして、基本的に「龍」は、一人一体といわれています。
つまり、単体で置くのがベストです。「縁起が良いから」「気に入っているから」と、たくさんの「龍」を置くのは、龍同士が喧嘩してしまうためNGです。置き方を間違えると、運気を下げてしまいますので、お気を付けください。
また、「犬」、「兎」、「蛇」と一緒に置くことも、「龍」のエネルギーやパワーを下げてしまいますので、気をつけたいポイントの一つです。

そもそも「龍」は“水”を好みます。理想的な場所は、「龍」のそばに“水槽”、“小さな噴水”、“水の入った小さな器”など、水に関するものを置くと「龍」のエネルギーやパワーを高めることができます。
「龍」は“水を飲む”といわれます。「龍」のそばにある“水”はいつも綺麗に保つように心がけてください。

理想的なのは…。
「龍」に対し、常に感謝し“水”や“お供物”をお供えします。そして、毎日“水”を取り替え感謝の気持ちを伝えることで、“あなたが困ったとき、「龍」はあなたを助けてくれるでしょう。”

あなたの元に「龍」が来てくれたのなら、ぜひ、大切に扱ってあげましょう。

◆妃ジュエル先生に占って欲しい方はこちら◆

PAGE TOP