【天王星が牡牛座へ《個人的な影響って?》】妃ジュエル先生(電話占いFeel)

▼当サイトで人気の電話占いおすすめランキングはこちら!

今だけ!初回特典実質6000円無料! 厳選された占い師が勢ぞろい!

鑑定実績20万件以上! 幸せの電話占いという愛称で大人気! 信頼度抜群!実力派の占い師が勢ぞろい! ポイント制度の導入でお得に鑑定♪

「天王星」が“牡牛座”に移行したことで、個人の中では何が起きるのでしょうか?
考えられるのは、まずは“収入や仕事の変化”です。自分の才能にあった事柄で現実的な成果を得ていくことに焦点が向かうでしょう。

「天王星」には“普遍的”や“未来志向”という意味があります。つまり、新しい収入源について考えたり、方法論を見出したりと、いろいろな気づきがあるでしょう。

“牡牛座”は、稼ぐ欲求や資産を維持したいという心理に対応するエネルギーを持っていますが、おおもとの意味は“自分に与えられた才能に忠実に生きる”ことです。

他の人と比べない、競わないで自分自身に集中し、自分だけが得意とする事柄で価値を築いていく。それは現代のような資本主義的な社会では、回りまわって資産を増やすことやお金を稼ぐということに自然に繋がっていくでしょう。

“牡牛座”は、「地の要素」と「不動宮」(行動パターンが、なかなか動かない、いざという時しか動かない)ですから、自分に出来ることと出来ないことの区別がはっきりしています。

できないことには手を出さないし、似合わないことはやらない傾向が強いのです。
つまり自分自身に非常にシビア、叶わない夢は見ないタイプといえるでしょう。

“牡羊座”は、根拠がなくても何でも出来そうだと思って色々なことに挑戦するのに比べ、“牡牛座”は自分にフィットするものしかやりません。だからこそ確実な結果を得ることができるのです。

そして「天王星」という“改革的な意識”がこの“牡牛座”に入ることによって、それぞれが自分の才能に合った事柄で個人資産を増やしたり、眠っていた資質に気付いて収入源を発掘していくような傾向が強まると予想できます。

特に、「地の要素」を持つ“牡牛座、乙女座、山羊座”の方は、この影響を前向きに受け止め、今までの自分を“進化・改革”に勤しむことになるでしょう。

そして、「不動宮」の“牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座”の方は、この影響をシビヤに受け止めなくてはならないのですが、“水瓶座”に至っては、「天王星」が守護星ということもあり、シビヤな中でも余裕をもって“進化・改革”していくことでしょう。

さて、あなたはご自身のホロスコープをご覧になったことがありますか?
ホロスコープとは、占星術における各個人を占うための天体の配置図。ご自身が生まれた瞬間の天体の配置図のことです。
そのホロスコープに12の“ハウス”と呼ばれる場所があり、それぞれに意味があります。

個人のホロスコープにおいては、「天王星」がどの“ハウス”を通過するかが重要になります。

つまり個人のホロスコープ上で「天王星」が通過する“ハウス”は簡単にいうと“そのハウスの活動においての変化・改革”です。

「天王星」のエネルギーからすると、最初は突発的な出来事や波乱が生じることも多いですが、その“ハウスの活動”をリニュアールしていくと捉えましょう。

ところで、“ハウス”のお話はまたの機会に…。

◆妃ジュエル先生に占って欲しい方はこちら◆

PAGE TOP