【記憶の河を遡る】ムッシュ・クロード先生(電話占いFeel)

▼当サイトで人気の電話占いおすすめランキングはこちら!

今だけ!初回特典実質6000円無料! 厳選された占い師が勢ぞろい!

鑑定実績20万件以上! 幸せの電話占いという愛称で大人気! 信頼度抜群!実力派の占い師が勢ぞろい! ポイント制度の導入でお得に鑑定♪

皆さん、今日は、 Feelのムッシュ・クロードです。

私の拙いブログをお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

本を読んでいると、思い出すことは脳に良いと書いてありました。

最近のことや昔のことを交互に思い出すのが一番いいのだそうです。

しかし、私は最近のことはともかく、昔のことを思い出そうとすると、ろくでもない記憶しか浮かんできません。

幸せだった記憶なんかまるっきりなくて、人に苛められたり、苦しかったり、恥ずかしかったりする思い出ばかりです。

これでは脳には良いのかも知れませんが、精神には良くないのではないかと思うくらいです。

研究では、良い記憶、普通の記憶、嫌な想い出の割合は、6:3:1だとされています。

そして、これはどんな人生を送っても同じだそうです。

そうかなあ。

性格が悪いせいかも知れませんが、私には良い記憶は思い当たりませんね。

そのためか私は過去の記憶に浸り、懐かしむような習慣はありませんし、嫌なことを思い出しそうになったら、すぐに振り払います(これには効果的な方法があるんですが、その話は別の機会に)。

ただ、最近はあまりやりませんが、一時はどれだけ昔の記憶にまで遡れるかといったことに凝っていたことがあります。

ベッドで眠りに落ちる前とか、ソファで横になっているとか精神を集中できる状態の時に、できるだけ過去に遡って記憶を呼び起こしてみるんですね。

この時、最初からあまり一度に遠い昔のことを思い出そうとしないほうがいいようです。

つまり段階を踏んで徐々に過去を遡るようにするわけです。

たとえば10年前くらいから始めて、20年前、大学、中学、小学校といった具合に。

そして段々難しくなってきますから、ちょっと説明しにくいのですが、その時は出てきた人間とか風景を足がかりに更に過去に戻るようにします。

コツを覚えるとかなり昔までたどり着くことができます。

そう云えば、三島由紀夫は生まれた瞬間の記憶があると言っていましたが、私はさすがにそこまで遡ることはできませんでした。

いつもあるところで止まってしまい、それ以上戻れません。

なんだか胸が苦しくなって続けられなくなってしまうんですね。

まるで禁断の領域でストッパーが掛かっているかのようです。

何か隠さなければならない忌まわしい記憶でもあるのかも知れません。

冗談はともかくとして、これで思いがけない発見をすることもあります。

まあ、興味のある方は一度やってみてください。

ただ、変な記憶にはまり込むと抜け出すのが大変だったり、眠れなくなるので注意したほうがいいでしょう。

とろでこの話を読むと最近一部で流行っている退行催眠と似ていると思う人がいるかも知れませんが、この点については次回詳しく書くことにします。

では。

◆ムッシュ・クロード先生に占って欲しい方はこちら◆

PAGE TOP