【ワイン雑談(2)】ムッシュ・クロード先生(電話占いFeel)

▼当サイトで人気の電話占いおすすめランキングはこちら!

今だけ!初回特典実質6000円無料! 厳選された占い師が勢ぞろい!

鑑定実績20万件以上! 幸せの電話占いという愛称で大人気! 信頼度抜群!実力派の占い師が勢ぞろい! ポイント制度の導入でお得に鑑定♪

皆さん、今日は、 Feelのムッシュ・クロードです。

私の拙いブログをお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

前回の続きです。

前回出てきた貴腐ワインのことを簡単に説明しましょう。

このワインは日本ではあまり知られていないようです。

それに貴腐ってなんだろうと思うかも知れませんね。

腐っているような、それにしては貴重らしい。

実は貴腐ワインというのは「王様のワイン」と呼ばれる非常に珍しくて高価なワインなんです。

最近は安いものもあるようですが、フランスのソーテルヌ、中でも上に書いた有名なシャトーディケムは1本で大体5~10万円くらいですね。

そしてこのワインは超甘口で、わゆるデザートワインです。

ただ、フランスでは上に書いたシャトーディケムをフォアグラを食べる時に飲むのが習慣になっています。

日本ではあまりやらないようですが。

それでなぜ貴腐ワインと言うかですが、実はこのワインはカビがはえて腐ったブドウの実から作られているんです。

カビと云うと印象が良くないかも知れませんが、そのお陰でブドウの皮の蝋質が溶かされてしまい、中の水分が蒸発するんですね。

それで糖度が飛躍的に増すわけです。

勿論、こうした貴腐現象が起きるには様々な条件が揃わなければいけませんので、どこででも採れるわけではではありません。

本当に甘くて美味しいですから、お酒の苦手な人にも飲み易いと思います。

手頃な値段のものを一度試してみてください。

別にフォアグラを食べる必要はありませんから。

ところで、テレビなんかで、時々、利きワインをしています。

たとえば、100万円のワインと5000円のワインを飲み比べて、どちらが高い方かを当てさせるわけです。

普通、これだけ値段に差があると簡単にわかると思うでしょう。

それが、そうでもないんですね。

普段高級ワインを飲み慣れているはずの芸能人が結構間違います。

彼らは大抵、飲みやすい方が高いと判断しますが、これがいけない。

実は高級なワインは渋みが重要で、どちらかと言うと飲みにくいのです。

日本で人気があるボージョレ・ヌーヴォーは飲みやすいと言う人がいるかも知れませんが、あれは決して高級ワインではありませんからね。

私の考えでは、記念で高級ワインを飲むのであれば別ですが、本当にコスパがいいのは、2〜3000円程度のチリワインでしょう。

蛇足を書いておくと、ワインは何を食べるかによって味が大きく変わりますから、利きワインは、本当はあまり意味がありません

ついでですので、シャンペンの話も書いておきます。

シャンペンの製法を完成したのは17世紀の僧侶、ドン・ペリニョン(Dom Perignon※)だと言われています。

※ Domと書きますが発音はドン。ある作家がわざわざドム・ペリニョンと表記していましたが、残念ながら間違いです。

シャンパンの製造工程は独特で、まず普通のワインを造り、これを壜詰めして、貯蔵庫で二次発酵させます。

ここで炭酸ガスが発生し、瓶の中に閉じ込められていく、これが発泡する秘密ですね。

この伝統的な製法は当然ながら非常に手間がかかり、そのために値段が高いのです。

まだ途中ですが、長くなったので今日はここまでにしておきます。

では。

◆ムッシュ・クロード先生に占って欲しい方はこちら◆

PAGE TOP