【トラウマ・ゲーム(続き)】ムッシュ・クロード先生(電話占いFeel)

▼当サイトで人気の電話占いおすすめランキングはこちら!

今だけ!初回特典実質6000円無料! 厳選された占い師が勢ぞろい!

鑑定実績20万件以上! 幸せの電話占いという愛称で大人気! 信頼度抜群!実力派の占い師が勢ぞろい! ポイント制度の導入でお得に鑑定♪

皆さん、今日は、 Feelのムッシュ・クロードです。

私の拙いブログをお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

前回書いた二人目の臨床心理カウンセラーは、横断歩道の白い部分しか歩けないとのトラウマへの対処法として、横断歩道を白黒関係なく、スムーズに渡れる自分をイメージする、そして、横断歩道の向こう側に誰かに立ってもらい、その人を人生の成功者だと思って彼のようになりたいと考えながら、実際に渡るようにアドバイスしていました。

その時にその人間に応援してもらい、上手く行ったら誉めてもらうといいとも言っていました。それで達成感も出るのだそうです。

しかし、随分乱暴なやり方ですね。

番組では上手く行きましたが、こんなのでトラウマを克服できるのならば、誰も苦労はしないでしょう。

こういう無理にトラウマを押さえつけようとする方法は上手く行くこともあるでしょうが、弊害も多いのです。

トラウマが更に酷くなることもありますから、注意しなければいけません。

まあ、分析自体がいい加減ですから、その対処法も適当なのでしょうが、テレビを見て本気にする人がいたらどうするんでしょう。

トラウマの解消は物凄く忍耐心のいる、本当に気の長い作業なのです。

これは覚えておいて欲しいですね。

3人目のタレントは水玉恐怖症でした。

子供の時にプールに突き落とされたのが原因で水が恐くなり、水玉までが恐くなったとのことです。

その治療法は水玉模様のハンカチなどをこれは自分に害を与えないと論理的に自分を説得し、触ることによって、克服するとの論理療法だそうです(自分の中の間違った概念を論理立てて説明することで正しく捉え直していく方法)。

これは無理にやるとトラウマが余計酷くなる恐れがあると思いますが。

次は女性とフランクに話せないといった悩みを持つ男性タレントでした。

子供の時に女性に笑いものにされたことがトラウマになっていると言っていました。

これには自己の書き換えというワーク(作業)で、満たされなかった過去に立ち戻ってやり直すことによって、本来望んでいた方向に認識し直す方法がいいとのことでした。

具体的には何人かに協力してもらって、わがままを言い放題に言って、周りの人たちがこれを無条件に受け入れるもらうわけです。

しかし、協力してくれる友達を探すのが大変でしょうね。

最後はネズミが恐いいい年をした男性でした。

小学生の時に押入れの中で大繁殖しているのを見て、本物はおろかぬいぐるみや人形も我慢できなくなったそうです。

彼にはゲシュタルト療法の役割交換法が勧められました。

相手の役割になってみることで気持を体感し、そこから相手の気持を理解することで自分の認識の問題点に気付くのだそうです。

具体的にはネズミになることによって、ネズミはか弱い動物で決して恐れるような動物ではないことを認識するのだそうです。

本気なのでしょうか。

ネズミの気持になれる人がいたらお目にかかりたいものです。

今までの治療法すべてに言えることですが、本当にお気楽なものです。

トラウマの原因の分析が根拠が非常に薄く、思いつきといったものでしかありません。

また、対処法がなぜそれが有効なのかについての合理的な説明がありません。

テレビ番組ですから、仕方がないのかも知れませんが、これを見ると本当に簡単にトラウマが解消すると視聴者は思ってしまうかも知れません。

こんなことだから精神分析は科学ではないと言われるんでしょうね。

これでは占い師をいい加減だと言って攻撃することはできないでしょう。

では。

◆ムッシュ・クロード先生に占って欲しい方はこちら◆

PAGE TOP