【コミュニケーション、そして、恋愛を成功させる方法(優位感覚に基づく)】ムッシュ・クロード先生(電話占いFeel)

▼当サイトで人気の電話占いおすすめランキングはこちら!

今だけ!初回特典実質6000円無料! 厳選された占い師が勢ぞろい!

鑑定実績20万件以上! 幸せの電話占いという愛称で大人気! 信頼度抜群!実力派の占い師が勢ぞろい! ポイント制度の導入でお得に鑑定♪

皆さん、今日は、 Feelのムッシュ・クロードです。

私の拙いブログをお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

今日はコミュニケーションや恋愛を成功させる方法をご紹介します。
かなり長いですし、特に導入部がややこしいと感じられるかも知れませんが、重要な情報が書かれていますので、よろしければお読みください。

人が情報を知覚する際には、いわゆる五感をすべてを使っています。

ただ、その五感の使い方は人によって違うんですね。
それぞれ得意とする感覚があるわけです。
この得意とする感覚を「優位感覚」といいます。

ただし、この優位感覚を考える時は、通常は、五感ではなく、「視覚」、「聴覚」、「身体感覚」(触覚、味覚、嗅覚)の三種類に分けます。
そして、この優位感覚によってその人の特徴を把握し、付き合いに利用することができます。

たとえば、視覚優位な人は、空間認知が得意で人の顔を覚えるのが得意だったりします。
反対に、フレーズや歌詞を覚えるやごちゃごちゃした部屋が苦手といった特徴があります。
そして、頭のなかで、言語ではなく映像を使って思考します。

聴覚優位な人は、時間を追って、段階的に理解するのが得意で、全体よりも細かいことに関心を示します。
また、フレーズや歌詞を覚えたり、リスニングが得意です。
反対に、人の顔を覚えるのは苦手なようです。

身体感覚が優位な人は、直感的すぎる、感情に浸る、テンポが遅い、ボディタッチが多いといった特徴があります。
また、心地よさを大事にするので、ラフな格好が好きで、身体を動かして物事を覚えます。
そして、動きがゆっくりで、相手に触れることが出来る距離に近付いて、話をしたがります。

では、相手のタイプに合わせたコミュニケーションの仕方をご紹介しましょう。

視覚優位な人には、回りくどい表現はしてはいけません。

視覚的なツールを使い、相手が映像を浮かべやすいように伝えることです。

聴覚優位な人には、思い付きを言ったり、笑ってごまかすといったことはNG。
目的・意義を明確にして、メリット・デメリットにも触れて論理的に話を進めます。

反対に、身体感覚優位な人には、理屈から入らないように。
身体感覚派なので、「理屈より先に行動ありき」なんですね。

異なる優位感覚の人と話す時にギャップが生まれがちですが、上に書いたことに注意すれば、相手の優位感覚に合わせて、スムーズにコミュニケーションを進めることができるでしょう。

長くなるので、恋愛への応用については、次回説明します。

では。

◆ムッシュ・クロード先生に占って欲しい方はこちら◆

PAGE TOP