【「呪」の話】ムッシュ・クロード先生(電話占いFeel)

▼当サイトで人気の電話占いおすすめランキングはこちら!

今だけ!初回特典実質6000円無料! 厳選された占い師が勢ぞろい!

鑑定実績20万件以上! 幸せの電話占いという愛称で大人気! 信頼度抜群!実力派の占い師が勢ぞろい! ポイント制度の導入でお得に鑑定♪

皆さん、今日は、 Feelのムッシュ・クロードです。

私の拙いブログをお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

今日は、「呪」(「のろい」ではなく「しゅ」と読みます)の話をさせていただきますす

皆さんもよく「呪いの踏み切り」といった話をお聞きになることがあると思います。

簡単に説明すると、ある踏み切りで飛び込み自殺があったとします。

自殺したのは女性で、妻子ある男との不倫関係のもつれから怨みを抱いたまま死にました。

だからその女性の魂は成仏できなくて、怨霊となってその踏み切りの辺りをまだ彷徨っているわけです。

その証拠に遮断機に飛び散った血痕は何度洗っても落ちないし、夜になると踏み切りの辺りがぼおーと明るかったりします。

近所の犬が誰もいないのに急におびえたように踏み切りに向かって吠えることもあります。

また、ある通勤帰りの会社員が真夜中にその踏み切りの前に立って、最終電車をやり過ごしていたら、いつのまにか見知らぬ女性が隣に現われて、やはり遮断機が上がるのを待っていました。

やがて電車が通り過ぎ、二人は踏み切りを渡りました。そして、わたり終えた男性がそれとなく横を見るとそこには誰もいないんです。

さらに、毎年その踏み切りでは毎年1人くらい怪我をします。

だから、地元の人は夜は決してその踏み切りには近づきません。

そして花を置いたりして、女性の怨霊が祀られています。

とまあ、こんな感じでしょうか。

しかし、よく考えると、最初に何か事件があって、あとはそれに尾ひれがついただけなんですね。

下手をすると事故があったことだけが本当で、あとは全部あとから付け加えられたものだったり。

しかし、種明かしを聞かなければ呪は成立します。

この話を聞いた人は、その後、心安らかにはこの踏み切りをわたることができなくなるわけです。

人間には常に潜在意識の下で「日常」と「非日常」の葛藤があります。

要するに、「呪」をかけるとは頭に非日常の情報をインプットすることです。

つまり、人間の体には外部から侵入してくる「非自己」から自分を守るための「自己」があるんですね。

これが免疫系です。

われわれは常に外部からの敵である「非自己」と日々戦って生きています。

他人の言葉は「非自己」です。

それを「自己」が同化するなり、消化するなり有効利用すれば何の問題もありません。

しかし、相手の言葉が自分の許容範囲を超えていたり、「自己」を上手く騙して増殖したりすると脳はバーストするか、単純な一方向にしか物事を考えられなくなってしまいます。

そのバーストしたり縛りつけたりするような言葉をわざと人に投げつけること、それが「呪」なんです。

これはビジネスでもよく見られるテクニックですし、宗教団体なんかも上手く利用しています。

思いがけない、隙を突くような言葉(人をノーガードにするような)には注意したほうがいいですね。

では。

◆ムッシュ・クロード先生に占って欲しい方はこちら◆

PAGE TOP