電話占いコラム

当たる占いの定番!奥が深いタロットの世界

○○占い。あなたはこの○○の中に、何を当てはめますか?
星座、血液型、タロットなどが、おそらく答えとして多く出てくるでしょう。
星座占いは今や定番中の定番で、テレビ番組や雑誌などで取り上げられているのをよく目にします。
血液型占いは、1970年代以降に大きなブームとなりました。その後、血液型と性格を結びつける根拠はないと定義づけらましたが、日常のふとした時に「私は〇型だから」「あの人ってやっぱり△型なんだ」と思う場面に遭遇する人は多いのではないでしょうか。
ただ、血液型占いが知られているのは、発祥地である日本とアジアの一部だけ。世界から見ると、メジャーな占いではありません。

そこで今回取り上げたいのが、世界中で有名かつ、常に高い人気を誇っている「タロット占い」
占いの種類は様々で、発祥地にのみ根付いているものや、時代の流れの中で廃れていったものも多くあります。
しかしタロット占いは、国や時代に関わらず、長く人々から親しまれてきました。
その長く続く人気の秘密、当たる占いと言われる理由とは何なのか、紐解いていきましょう。

◆場所や時代ごとで形を変えてきたタロットの歴史

タロット占いはいつ、どこで、どのように生まれたのでしょう。まずは、タロットの長い歴史に触れていきます。
タロットカードの発祥地は、イタリア、エジプト、ユダヤなど複数の場所が提唱されており、はっきりとしたことが分かっていないのが現状です。

ただ、最古の記録として残っているため、有力な説だとされているのが、15世紀前半のイタリアで作られた「ヴィスコンティ・スフォルザ版」。
カードの合計の枚数は今より少なかったものの、既に大アルカナと小アルカナという、タロット特有の分類が成されていました。タロットのルーツはトランプであるとも言われているように、生み出された当初は「占い」ではなく「ゲーム」に用いられていました。

その後、タロットはフランスに渡り、16~18世紀頃に現在のタロットの源流と呼べる「マルセイユ版」が作られます。この頃から、タロットカードがゲームだけでなく占いにも使われていくのです。
19世紀後半、フランスでは目に見えない世界や現象を崇拝するオカルティズムがブームとなりました。さらには、カバラというユダヤ教のさまざまな理論を伴う神秘主義思想も盛んになります。
タロットはそれらと結びついて、より神秘性を増していったと考えられています。

私たちが普段目にする機会が多いタロットカードの絵柄や、占いの手法が確立されたのは、さらに少し後。
20世紀に入り、過去の人が残したタロットの解釈を基に、アーサー・エドワード・ウェイトという文筆家がデザインをしたものが売り出され、広く知れ渡りました。
1970年から80年代にかけて、イギリスやアメリカで巻き起こった「ニューエイジ」と呼ばれたスピリチュアル・ムーヴメントの波も手伝って、タロットの人気は絶対的なものとなっていったのです。この時代、日本でも多くのタロットに関連する書籍が発売されています。

◆タロットカードの意味と扱い方の基本とは

何となく見たことがあったり、占ってもらったことはあっても、タロットカードの枚数やそれぞれが持つ意味まで、しっかりと理解している人は少ないのではないでしょうか。
ここでは簡単に、タロットカードの基本要素を説明していきます。

まず、カードの合計枚数は78枚で、大アルカナ22枚と小アルカナ56枚で構成されています。
タロット占いは、これらのカードを様々に展開させながら、占いの結果を導いていきます。
カードを展開させることを、タロット占いにおいて「スプレッド」と言います。実際にタロット占いをしたことがある方はイメージできるかもしれませんが、その時によってタロットカードの展開方法は様々あります。
シャッフルした中から1枚を引く方法、4枚を上下左右に並べてそれぞれのカードからメッセージを読み解く方法など、占い師の得意とするスプレッドがある場合もあれば、占う内容によってスプレッドが変わってくる場合もあります。

最もシンプルで簡単なスプレッドは「ワンオラクル」と呼ばれるもの。
表が見えないようにしたカードをシャッフルした後、占いたい内容を心の中で唱え、好きなカードを1枚引きます。その1枚のカードから、占いに対する答えを感じ取り、読み解いていきます。
手順はとても簡単ではありますが、1枚のカードから全てを読み解く必要があるので、インスピレーションを働かせて様々な視点からカードを捉えることが大切です。

カードを捉えるということはつまり、それぞれのカードが持つ意味も理解しておく必要があります。
トランプなど他のカードにはないタロットだけの特徴に、カードの「正逆」があることが挙げられます。カードの表に描かれた絵柄を見ると、そのどれもが上下(天地)がはっきりと分かるようになっています。
これは、カードを引いた時、占う人(カードを引いた人)から見て、上下が正しければ「正位置」、逆向きであれば「逆位置」とされ、違う結果を意味するものであるから。
天地の向きによって、同じ絵柄でも結果が180度変わってくるものも多いのですが、必ずしも逆の意味を示すというわけではなく、解釈の仕方によって様々な捉え方ができるのです。

ここでは大アルカナの中から3枚のカードをピックアップして、正位置と逆位置の意味を解説していきましょう。

①恋人(The Lovers)
【正位置】守られるべき純粋な愛、共同作業による成功、互いに惹かれ合う
【逆位置】誤った選択、不信感・疑念、邪魔者の出現による関係の破たん

互いに愛し合う恋人が描かれているので、愛情関係において大切な意味を持ちますが、それ以外にも人間関係や娯楽についても暗示している場合があります。正位置と逆位置では全く別の意味となる良い例のカードです。

②運命の輪(Wheel of Fortune)
【正位置】予想外の幸運、計画や規則正しい行動による幸運、最良のタイミングでの決断
【逆位置】変化の速さに振り回される、慎重な行動が必要とされる、すれ違いや失敗

絶えず回転し続ける運命の輪は、留まることのない生命活動や時間の流れの象徴。正位置で現れた時には、いわゆる「機が熟した」時。思い切ったチャレンジをすることで、成功を掴むことができます。
一方で、逆位置が出た場合も、悪い方にばかり捉える必要はありません。
問題やトラブルに見舞われやすい時ではありますが、それがずっと続いていくわけではなく、積み重ねてきたものがなくなることはないのです。落ち着いて慎重に行動することで、正位置と同じだけのパワーを得ることにつながっていきます。

③死神(Death)
【正位置】終止符を打つことによる状況の変化、白紙に戻る、改革や前進への方向転換
【逆位置】意識の転換による新しいアイデア、無気力、停滞
恐怖や不運を連想させるタロットの代表格とも言えますが、単純にその意味だけを含んでいるのではありません。
死と生は表裏一体、死を迎えた後に新たな生の誕生があるということを暗示しています。また、ここでいう死というのは肉体の死に限らず、精神の死、古い自分との決別を意味することもあります。
そのため、正位置と逆位置の意味も、正反対というよりは、それぞれにもう一方の意味を含んでいると言えます。
死と再生、ターニングポイント、破壊と創造といった意味を暗示しており、占う人の状況によって、メッセージの受け取り方が大きく変わってきます。

このように、それぞれのカードが持つ意味が異なることはもちろん、正位置か逆位置かによっても、解釈は大きく変わってくることになります。
また、「逆位置=悪い結果」とも言い切れないのがタロットカードの面白さと言えるでしょう。
タロット占いが当たるかどうかは、1枚のカードからのメッセージ、解釈をどのように広げていくのかという、占い師の知識や経験にも大きく影響されます。

◆今も昔も人気の理由、タロットは一番当たる占いなのか?

タロット占いの歴史やカードの種類は、とても奥深いものであることが分かりました。では、これほどまでに長い間、圧倒的な人気を集め続けている理由とは何でしょうか。

それは、タロット占いが「単純と複雑」の両面を併せ持っているから。
もう少し具体的に言うと、

  • 氏名や生年月日など細かい情報を必要とせず、シンプルな方法で占うことができる(単純)
  • 占える内容は多岐に渡り、細かい部分まで知ることができる(複雑)

ということです。
この相反する2つの性質が同時に混在しているのが、タロット占い。手軽でシンプルな方法ながら、導かれる結果は非常に細かく、膨大な情報量となるのです。

また、その内容は当たる確率が非常に高い。
これには、人間の潜在意識というのが強く影響しています。一般に、その人が自覚できる「顕在意識」は全体のわずかでしかなく、残りの意識は心の奥底で、普段は認識できない「潜在意識」として眠っているとされています。
この潜在意識には、自分が本当はどうしたいのか、どの道に進むべきなのか、未来はどうなるのかといった、普段知り得ることのできない情報が詰まっており、タロット占いはこうした潜在意識に眠っている情報を引き出すのに最適なツールだと言われているのです。
「迷った時、どの道に進むべきかは自分が一番良く分かっている」とはよく聞きますが、タロットは正にその精神を基に、目に見える形で結果を引き出してくれる占いなのでしょう。

◆気軽な気持ちでタロットに触れてみよう

タロット占いの魅力は、手軽さと信頼性。
今では「最も当たる占い」と評されるほどに、長い歴史の中で占い手順やカードの持つ意味が脈々と構築され、受け継がれてきました。

最近では、霊能力を持った占い師が、その力を同時に働かせながら行う霊感タロットなど、新しいタイプのタロット占いにも注目が集まっています。
手軽に占えるタロット占いだからこそ、個人で勉強して、お気に入りのカードを見つけるのも良いでしょう。もちろん、経験と実績を重ねてきた占いのプロである占い師に相談をするのも効率的。

どちらにしても、悩んだ時や、人生の選択に迷った時、タロット占いが最良の答えを導いてくれるでしょう。
どの時代でも人気を集め続けてきたタロット占いを、あなたも楽しんてみてくださいね。

<

p style=”text-align: center;”>◆オススメ電話占いFeel◆

フィールの詳細はこちらで確認

PAGE TOP