電話占いコラム

そもそも占いって? 初心者向け占いガイド

「いろいろ占いを試してみたけど、そもそも占いってどうやって答えを導き出しているんだろう」と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。占術には神秘的なイメージを持つものが多くありますよね。素人にはとてもできそうにないと感じるものから、これなら私にもできるんじゃない? と感じるものまで、多種多様の占術があります。では、きちんとした占い師に占ってもらう意味はどこにあるのでしょうか? 今回は、「占い」そのものについて少し考えてみましょう。

◆「霊感」とは?◆

占い師を評価する言葉として、よく「霊感が強い」「霊感が鋭い」などと言いますよね。「霊感」とはいったい何なのでしょうか? 分かりやすく言い換えると、占い師が持つ「第六感」、「虫の知らせ」、「直観」といった言葉が近いかもしれません。「霊感が強い占い師はいい占い師」ということはつまり、「鋭い直観を持っている占い師ほどより良い占いをすることができる」ということと同義なわけです。では、占いにおいて占い師の「霊感」はどのように作用するのでしょうか?

◆偶然、なのに占い?◆

おみくじを引いたりコインを投げて裏表を見たり、偶然の結果でものごとを占う「卜占」。偶然なのに占いと呼んでいいのか? 偶然の結果ならば、わざわざ占い師が占う必要がないのではないのか? そう感じる方もいらっしゃるかもしれません。
占いとは、そもそも「この世に無意味な偶然はない」という思想のもと、「すべてのものが必然である世界」で行われるものです。占い師が占うか、素人が占うかの違いはここに生まれます。占い師がコインを投げて裏が出るのは必然の結果、素人がコインを投げて裏が出るのは偶然の結果、と考えるわけです。「あらゆることが意味を持って結びつけられた世界において、偶然の結果を読み取って最適解を導き出す」のが占い師だということですね。

◆占いの仕組み◆

占いに必要不可欠な「霊感」ですが、占い師にとって「直観」と「主観、妄想」は見極めることが難しいものであるようです。そこで、占いは占い師の直観、いわゆる「霊感」を最大限発揮するために、霊感と混同しやすい主観や想像を排除できるよう体系化されています。たとえばタロット占いでは、カードに描かれたシンボルというフィルターを通すことによって占い師の妄想を取り除きます。と同時に、シンボルを読み取るという行為において、シンボルが持つイメージから直観で答えを導き出すのです。
占星術や四柱推命のようにかっちりと理論的に行う占いは、さらに占い師の想像を排除しやすい占術です。その上でより精度の高い結果を導く「解釈」の段階で、占い師の直観、つまり「霊感」がものを言います。体系化された占いほど占い師の力量が試される、ということかもしれませんね。

普段何気なく目にしている占い。小さいころ、遊び半分に友人とタロットカードに興じた経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、本当に最適な答えを導くためには、素人ではなくきちんとした占い師に占ってもらうのが吉。その際には、他のコラムを参考に、ご自分の状況にぴったりな占い師と占術を見つけてくださいね。

<

p style=”text-align: center;”>◆オススメ電話占いFeel◆

フィールの詳細はこちらで確認

PAGE TOP