電話占いコラム

本当に当たるのか!性格や相性を知る生年月日占い、血液型占い

一般の人が普段よく行う占いは生年月日から割り出す占いや血液型占いが多いようです。

はっきりして分かりやすく、それでいて当たっていると感じる点が多いのが人気の秘密でしょう。

ここでは、生年月日占いや血液型占いについて解説します。

◆多くの日本人にとって身近な血液型占い◆

血液型占いは、ABO式血液型で人のタイプを4分類して占う方法です。

血液型占いは、日本の中では小さな子どもでも知っているというほどメジャーな占いのひとつですが、海外では日本ほどポピュラーな占い方法ではありません。

それは、血液型による性格分けに信憑性がないからというわけではなく、国内の血液型分布が大きく影響しています。

日本の場合はA型が4割、O型が3割、B型が2割、AB型が1割という分布です。

一見偏りがあるように見えますが、これでも世界的に見ればかなりバランスがよい分布です。

それに対して、ブラジル人やペル―人などはO型が100%ですし、A型とO型がほとんどを占める国やB型が突出して多い国などもあり、日本で行われているような血液型占いは意味を成しません。

しかも、日本では子どもの時点で自分の血液型を知っている人がほとんどなのに対し、海外では病気やけがの治療のために検査をしないかぎり自分の血液型を知らないのです。

そのため、いくら分布のバランスがよくても、他人に血液型を聞けないのが実状です。

血液型占いで相手の基本的な性格を知るなど、何かと血液型の話題で盛り上がることの多い日本人にとって、血液型占いができない環境には驚いてしまうかもしれません。

◆占術の種類が多い生年月日占い◆

生年月日占いとは、生年月日をもとに占う占術全般を指します。

例えば、古代中国で発祥した四柱推命は、生年月日にもとづいて年柱、月柱、日柱、時柱という4つの柱で占う生年月日占いの代表格です。

生年月日から割り出された3つの数字で占う心相数占いも生年月日占いのひとつと数えてよいでしょう。

宮城悟氏が考案した理論・心相科学がもとになっています。

生年月日のデータからDNAの情報を表す3つの数字・心相数を求め、そこから性格情報、相性情報、運気情報の3つを引き出します。

運命数や星数をもとに占う六星占星術や、生年月日から導き出した運命数をもとに占う数秘術なども人気の生年月日占いです。

◆誕生日の日にちや名前を合わせて占う血液型占い◆

血液型は4つの属性にしか分類できないことから、基本的な性格しかわからないとされることが少なくありません。

しかし、持って生まれた性格は血液型の影響を受けていても、人間の性格が4つしかないわけではないことは多くの人が知っています。

そのため、実際に占い師に占ってもらうときは、血液型の他に誕生日や名前など血液型以外の情報も加えて占うのが一般的です。

生まれた日にちによって決定した生まれながらの性質や、子どものころから呼ばれ続けている名前がもたらす影響など複数の占いの結果が集まれば、ABO式血液型だけで占うときよりも内容が深くなります。

また、性格占いや相性占いとして、誕生日からの星座占いと血液型占いを合わせたり、名前から姓名判断を行い血液型占いと掛け合わしたりするなど、さまざまな方法がとられています。

◆生年月日占いや血液型占いなら電話占いが手軽◆

生年月日や血液型など簡単な情報だけで占えるなら、気軽に占ってもらえる電話占いがおすすめです。

気になる相手に告白するべきか迷っているときなど、電話で相性を占ってもらえば勇気がわいてくるはずです。

自分で本を見て占うよりもプロの占い師に解釈をお願いした方が、より深いことがわかります。

生年月日占いや血液型占いは相性占いとして人気が高いため、電話占いでも選べる占術の種類がたくさんあります。

自分の目的や好みに合った占い方法や占い師を選んで試してみてはいかがでしょうか。

◆オススメ電話占いFeel◆

Feelの詳細はこちらで確認

PAGE TOP