電話占いコラム

生年月日から今と未来の運勢を知る六星占術

占術にはさまざまなものがありますが、あまり占いに詳しくない人でも目や耳にする機会が多いものといえば、恐らく六星占術でしょう。

〇星人や大殺界という言葉を聞いたことがあるという人も少なくないはずです。ここでは、六星占術を取り上げ詳しく解説します。

細木数子氏が進化させた六星占術

六星占術とは、もともと古代中国で考案された統計学です。

この統計学に、細木数子氏が易学や算命学、万象学などを融合させ、四柱推命などをベースに新たな占術として生み出したのが現代の六星占術です。

生年月日によって運命星が決まっており、その影響は死ぬまで続くとするのが六星占術の基本的な考え方です。

運命星が水星、金星、火星、木星、土星、天王星の計6つであることから六星占術と呼ばれます。

六星占術では、それぞれの運命星に支配されている人を運命星の名前を取って「水星人」や「金星人」などと呼びます。

そして、どの星に支配されているかによって基本的な性格が決まるのです。

しかし、6つの星人はそれぞれが持つエネルギーの陰陽によりプラスとマイナスに分かれ、異なる性質を持つ存在となります。

さらに、生まれた年が「停止」という周期に当たる人は霊合星人と別に分類され、対極の位置に当たる星人(占命盤上で反対の位置に当たる星の人)の性格も入り混じるとされています。

霊合星人に複雑な捉えどころのない個性的な人が多いのはそのためです。

自分が何星人かを知るための方法

六星占術は自分が6つの運命星人のどれに当たるのかを知るところから始まります。

どの運命星に支配されているかを知るためには、運命数と星数という2つの数字が必要です。

運命数は生まれた年と月から導き出す数字で、運命数表の中から生まれ年、生まれ月のところに書かれている数字を見つけます。

一方、星数は運命数より1少ない数字に生まれた日を足した数字です。

星数が1~10の人は土星人、11~20の人は金星人、21~30の人は火星人、31~40の人は天王星人、41~50の人は木星人、51~60の人は水星人という分類になります。

さらに、生まれた干支によって運命星が陽(プラス)か陰(マイナス)かが決まります。

陰陽は、子年が陽、丑年が陰と交互に繰り返され、12番目の亥年は陰にあたります。

よって、仮に子年生まれで星数が18の人であれば、金星人プラスということになるのです。

自分が何星人にあたるかを知ったところで、ようやく本格的な占いがスタートします。

六星占術における大殺界の意味と過ごし方は?

六星占術には、種子、緑生、立花、健弱、達成、乱気、再会、財成、安定、陰影、停止、減退という12の周期があり、そのうち陰影から減退までの期間を大殺界と呼びます。

12の周期は1年の季節のような移り変わりになっており、大殺界はちょうど冬の時期にあたります。

大殺界には年レベルと月レベルのものがあり、12年を1周期とする場合は3年間、1年を1周期とする場合は3カ月間です。

大殺界は運命周期の中でいちじるしく運気が下がる時期で、何をやってもうまくいかないときです。

この時期に無理をして新しいことを始めてもよいことはなく、かえって災いを招きよせる結果となってしまいます。

大殺界は天が休むことを命じている時期であると理解し、なるべくおとなしくして過ごすことが求められます。

春を迎えるために冬眠するような感覚で過ごせば恐れることは特にありません。

なお、大殺界のほかに小殺界や中殺界という運気のよい期間中も羽目の外しすぎに気を付けるべき時期があります。

六星占術なら電話占いが簡単

六星占術で占ってもらうなら電話占いが簡単で便利です。

電話占いを行う占い師には六星占術を得意する人が多いため、導き出された結果に対し、解釈のポイントや過ごし方の注意点などもわかりやすく説明してもらえます。

自分自身で本を見て基本的な性格を知る人が多い六星占術ですが、導き出した結果の表面的な理解をしただけでは意味がありません。

結果を上手に活用するためにはより深い解釈が必要ですから、プロの占い師に占ってもらい、しっかりとしたアドバイスをもらうようにするのがおすすめです。

◆オススメ電話占いFeel◆

Feelの詳細はこちらで確認

PAGE TOP