電話占いコラム

赤ちゃんの未来を左右?!名づけで絶対守りたい3つのルール

みなさん赤ちゃんは好きですか?
ちっちゃくて、プニプニしててとても可愛いですよね!

もちろんそんな姿を見て、幸福と輝かしい未来を祈るのが親であり、人間です。
今回は、赤ちゃんの人生を左右する「名付け」に関する、基本的なルールを3点ご紹介していきます!

◆名づけルール1:「読みやすく」「書きやすく」は必須!◆

まず、名付けにとって大切なことに、「読みやすさ」が挙げられます。

名前は、誰もが間違えることなく読んでくれたり、呼んでくれることが最優先です。

もしも読みにくい名前で、間違って呼ばれて、その都度訂正するなんて考えただけでも面倒ですよね!

<例えば>貴文という名前

「たかふみ」と読むのが正解ですが、「たけみ」や「たかし」などと、

間違う人もなかにはいるのではないでしょうか?
この場合、間違えられた本人も嫌かもしれませんが、

間違った当人も不快で、出席を取る担任教師や友人、先輩、仕事の上司など、不快になる可能性のある人は多いと思われます。

したがって、説明を要する名前は避けることが賢明です。

また、書きやすさ」も配慮の一つです。

幼い子供にとって自分の名前を書けるようになることは、ある種の感動を感じるものです。
難しすぎるもの、覚えにくいものは、そういった意味でも歓迎できない名前でしょう。
そして、名前は人生を歩む上で、数え切れないほど書きます。

難しい名前で毎回手を煩わせるようなことは人生にとって、必要のない時間ですよね?

また、漢字の読みにこだわらず、ひらがなにしてみても、柔らかいイメージとなり良いと思います。

しかし、ひらがなの場合でも字画を吉数にすることを忘れずに!

◆名づけルール2:良い意味を持つ字を選びましょう!◆

人に個性や性格といった違いがあるように、漢字にもそれぞれ意味があります。

そして、それぞれの字の意味が人に影響を与えるということもあるので、愛するわが子には素晴らしい意味の漢字を与えてあげてください。

注意点ですが、くれぐれも「悪魔」などといった忌み嫌われるイメージの名は避けてください。

例えば、“雪”美(ゆきみ)という名前。
雪のようにはかなく消えていく美しさといった意味を持ちます。

男の子で“烈”という字の場合。
アキラ、イサオ、タケシなど様々な名ができますが、激しい燃え上がりや極端な怒りといった意味を持つので、あまり好ましくありません。

他にも、『悪、破、夜、寒、雨』などの漢字は、避けた方がよいでしょう。

◆名づけルール3:赤ちゃんの名前には美しい響きも必要!◆

できた名前を、声に出して読んでみてください。

その響きは心地よく伝わってくるでしょうか?

ある女性で浦子(ウラコ)という女性がいました。

一見普通ですが、読んでみると裏というイメージが強く、決して明るいとは言えません。
実際、彼女は若いうちに亡くなってしまったそうです。

次に泰平(ヤスヘイ)という名前です。
これも一見字面だけでは、悪くないように考えられますが、読んでみると、安くて平凡というイメージが強く感じられます。

良い音としては、『ア、カ、サ、タ、ナ、ハ、マ、ヤ、ラ、ワ』といった各行のトップが挙げられます。
これらは口に出した時に、広がりを持ってくる音となっています。

逆に『ム、メ、モ、ウ、ス、ソ、ツ、二、ヌなど』は口をすぼめるて発音するため、内にこもり、インパクトが弱くなります。

これらのことを参考に、明るくアクティブで元気な音を選んであげてください!

◆赤ちゃんの名づけのポイント 〜まとめ〜◆

赤ちゃんの名づけで押さえておきたいポイントを述べました。

要約すると、下記の3点です!

  1. 誰もが書きやすく、呼びやすい
  2. 良い意味の漢字を選ぶ
  3. 声に出して、響きを確認

赤ちゃんの名前をつける際は是非意識して、素敵な名前をつけてください!

最後に注意点ですが、画数や吉数などの姓名判断におけるポイントを押さえることを忘れずに!

これをチェックすることで最終的には、後で後悔することのない最高の名前ができるはずです。

赤ちゃんの名づけについて、より詳しく知りたい方

もしも、子供の名前本気で迷っているという方は、プロの占い師に相談してみてはいかがでしょうか。
子供にとって最高の名前を姓名判断の視点から、導き出してくれるはず。

なお、占いの中でも、手軽に効率的に行えるのが【電話占い】です!
不安もあるかもしれませんが、相談だけでも気軽にご利用ください♪

◆オススメ電話占いFeel◆

Feelの詳細はこちらで確認

PAGE TOP