電話占いコラム

改名や命名で絶対に避けたい凶数とは?

姓名判断では、全81個の画数それぞれに意味が存在しています。今回はこれらの数の中で、改名や命名で避けて欲しい数をご紹介します。

◆絶対に避けたい字画数◆

「2の系列」
2、12、22、32…などは、いずれも病弱、分裂、孤独を意味します。
持続性の弱さ、意思薄弱、夫婦縁がないということが特徴であり、家庭運や後継者運もよくありません。

「4の系列」
24画という大吉数の例外を除いて、4、14、24、34…などは凶数となり、精神的弱さを表します。
挫折感や不安、焦燥から異常行動を招きやすいとされています。

「7、8の系列」
特に27、28は避けたい数と言えます。
事故や遭難など、アクシデントの暗示を持ちます。

「9の系列」
29、39の特別吉数を除き、9、19、49、59、69、79は急変や浮上の人生を暗示しています。
芸術や芸能、宗教など特殊な世界で能力を発揮しますが、大凶数が重なると、急降下します。
また、急病の可能性やアルコールや薬物に溺れる危険性もあります。

「10の系列」
10、20、30…などは、すべてを無に帰す失意の数とされています。
家庭運が悪い傾向となり、夫婦関係などに不安があります。
他には、ギャンブルやアルコールに関して良くない暗示がある凶数です。

◆姓名同格もなるべく避けたい◆

「姓名同格」とは、天格と地格が同じ字画数であることをいい、姓と名に同じ数の影響力を強く受けることを意味します。
他格が吉数であれば問題なく、特に、人格が凶数である場合はすばらしい強運となり、心強いことこの上なしです。しかし、人格が凶数であると、不遇や急変が予測されるので要注意です。

例えば女優である、夏目雅子さんの場合、
彼女は名女優として実力も評判で性格も素晴らしく、結婚を経て、ますます幸せな生活を送ろうとしていた矢先、白血病を患い若くして亡くなりました。
これは、夏目の15画と雅子の15画が姓名同格であったことが、短命運をもたらしたと考えられます。

◆横同格は運が急変しやすい◆

「横同格」とは、人格と外格の数が同数、同系数であることを指します。
人格とそれを支える外格が同じ数ということは、一度人格の運を高めますが、やがて働きを停滞させることになります。
たとえ、吉数であっても歓迎できません。
凶数なら、なおさら不安定と言えます。

例えば、登山家、冒険家の植村直己さんの場合、
数々の偉業を成し遂げた彼ですが、43歳という若さで登山中に消息を絶ち、その後遺体が発見されることはありませんでした。危険が伴う冒険家とはいえ、惜しまれてなりません。

◆詳しく知りたいなら◆

もしも、子供の名前を迷っている、人生の流れを変えたいなどと考えている方は、一度プロの占い師に相談してみてはいかがでしょうか。
姓名判断の視点からはもちろん、様々な視点からあなたにとってベストな選択肢を与えてくれることでしょう。

数ある占いの中でも、手軽で効率的に行える電話占いはオススメです。
電話占いは姓名判断だけにとどまらず、幅広い種類の鑑定が可能であり、その先に皆様にとって幸せな未来が待っているはずです。
皆様からのご連絡をお待ちしております。

◆オススメ電話占いFeel◆

Feelの詳細はこちらで確認

PAGE TOP