電話占いコラム

東洋の星占い?「紫微斗数」について知りたい

「紫微斗数(しびとすう)」という占いについてご存知ですか?

同じ中国生まれの四柱推命などに比べると日本ではまだあまりメジャーではない紫微斗数ですが、台湾や香港ではとても人気のある占いなのです。

恋愛・金運・仕事運…さまざまな事柄を占える紫微斗数についてご紹介します。

◆日本ではあまり耳慣れない占い「紫微斗数」って?◆

「紫微斗数(しびとすう)」とは、その人が生まれた年月日と時間から性格や運命を占う占術の一種です。

日本ではまだあまり普及していませんが中国では昔から盛んに行われてきた占術で、同じく生年月日時から占いを行う「四柱推命」と双璧をなすと言われるほどポピュラーなものです。

その起源は古く、西暦900年前後に生きた陳希夷という道士が開祖であると言われています。

陳希夷によって書かれたといわれる「紫微斗数全書」が紫微斗数の原典として知られ、さまざまな流派が派生して紫微斗数の研究を重ねてきました。

台湾や香港などでは人気が高く、多くの人々に親しまれています。

紫微斗数の「紫微」とは古代中国の天文学で言うところの「北極星」のことです。

当時の天文学では天を3つの「垣(えん)」という区分に分けて考えましたが、紫微斗数ではそのうちのひとつ「紫微垣」(北極星を中心とする星座群)の星々を占いに用いることからこのように呼ばれています。

中国の伝説では、紫微垣は天帝が住まう場所とされていた場所でもあります。

◆紫微斗数は12の宮に星々を当てはめる「東洋の占星術」◆

紫微斗数では北極星とその周囲の星のほか、北斗七星と南斗六星に関連する星々を12の宮に配置して「紫微斗数命盤」という表を作成します。

12宮で構成された星の配置図を用いる点が西洋占星術とよく似ているため、紫微斗数は「東洋の占星術」と呼ばれることもあります。

しかし、星々の実際の動きをもとにホロスコープチャートを作成する西洋占星術とは違い、紫微斗数では占いの対象となる人の生年月日時と六十干支から星を導き出して占いを行います。

紫微斗数では実在する星々の名称を借りながらも、あくまでもそれらを架空のシンボル「虚星」として扱うのです。

紫微斗数命盤は四角形の表で、十二支が割り振られた12個の枠が中心を取り囲むように配置されています。

その12個の枠のなかに占いたい人の生年月日時によって12の宮を割り当てます。

12の宮にはそれぞれ意味がありますが、最も大切なのは「命宮」と呼ばれるもので、この宮に入る星からその人の性質や基本的な運勢全般を読み取ることができます。

ほかには、兄弟との関係に関する「兄弟宮」、恋愛・結婚に関する「夫妻宮」、子宝に関する「子女宮」、金運に関する「財帛宮」、健康に関する「疾厄宮」、引っ越しや旅行に関する「遷移宮」、目下の人間関係に関する「奴僕宮」、仕事に関する「官禄宮」、不動産に関する「田宅宮」、趣味に関する「福徳宮」、父母との関係に関する「父母宮」があります。

12の宮が定まれば、それぞれの枠のなかに生年月日時から導き出された星々を書き込み、命盤の完成です。

紫微斗数はこの命盤を読み解くことで占いを行います。

◆紫微斗数なら「流年法」で10年単位から1日の運勢までわかる?◆

12の宮に割り当てられたさまざまなカテゴリーによって個人的な性質から恋愛・仕事・人間関係などさまざまな事柄を占う紫微斗数ですが、実は命盤を読み解くことで「どのようなことがらがいつごろ起こるか」ということまで知ることができます。

年月の流れとともに変化していく運勢の流れを見るこの技術を紫微斗数では「流年法」といいます。

流年法では長期の運勢から一日ごとの運勢まで見ることができますが、特に10年を「大限」、1年を「小限」と呼びそれぞれの単位で運勢を見ます。

流年法によって結婚や就職の時期を予想したり、大限や小限を占い順番に並べたりすることで、その人の人生における運気の浮き沈みを示す表を作成することもできます。

このように細やかな占いができる魅力的な紫微斗数ですが、台湾や香港などでの人気に比べると日本ではまだまだ知名度が高くありません。

インターネットなどを通じて日本でも知られるようになりましたが、実際に鑑定を受けたいと思っても近場に紫微斗数の得意な占い師がいないというケースも多いでしょう。

そんな場合におすすめしたいのが、電話占いサービスです。

電話占いならウェブサイトから好きなジャンルの占い師を選んで鑑定を受けることができます。

料金も明記されていて安心ですし、遠くまで出向かなくても自宅でリラックスした状態で占ってもらえるのは嬉しいですね。

電話占いを利用する前には、サイトで口コミをチェックして自分に合ったサービスと占い師を見つけるのが大切です。

◆オススメ電話占いFeel◆

Feelの詳細はこちらで確認

PAGE TOP