電話占いコラム

歴史深く神秘的な「東洋占術」の世界

朝の情報番組の「今日の運勢」や雑誌の「今月の占い」など、今や占いは私たちの生活に溶け込んだ身近な存在となっています。

占う対象は日々の小さな事柄から人生における大きな悩みまで、人によっては娯楽として、またある人にとっては人生の道標として人々に愛されている占い。

そんな占いのうち、東洋で発展した「東洋占術」についてご紹介します。

◆東洋占術の根本思想は「陰陽説」と「五行説」◆

世界中にはさまざまな占いが存在していますが、それらのうち主にヨーロッパ諸国を中心に発展した占いを「西洋占術」、主に中国を中心とするアジア地域で発展した占いを「東洋占術」と呼びます。

東洋占術の代表的なものには四柱推命や九星気学、算命学に周易や断易、そして風水などさまざまな種類がありますが、そのほとんどの占術は「陰陽説」と「五行説」という思想の影響を色濃く受けています。

簡単に説明すると、陰陽説はこの世の万物は「陰」と「陽」の二種類の気のいずれかを持っているとされる考え方です。

五行説とは、すべてのものは「木・火・土・金・水」の5つの要素からなり、その5要素は互いを生み出し合い、打ち消し合いながら循環しているという考え方です。

東洋占術では、これらの陰陽説・五行説と十干十二支を用いた干支を組み合わせて、生年月日時や姓名、方位などからさまざまな占いを行います。

◆「命術・卜術・相術」占い方もいろいろの東洋占術◆

占術はその占い方から「命術(めいじゅつ)・卜術(ぼくじゅつ)・相術(そうじゅつ)」の3種類に分けることができます。

命術とは、その人の生まれた年月日と時間・場所などの情報から占いを行う占術のことです。

東洋占術の代表的なものは四柱推命、九星気学、算命学、紫微斗数などがあります。

いずれも生涯を通じて変化することのない生年月日時から占い鑑定のもととなる図式を作成して鑑定を行うため、基本的な項目は何度占っても同じ結果が出ます。

そのため、生まれながらに持っている宿命や運命、その人の変わることのない本質や天賦の才を占うのに適しているとされます。

卜術とは、サイコロの目や引き当てたカードの結果など、占いたい内容に対して偶然に現れた象徴に意味を見出して占いを行う占術のことです。

東洋占術の卜術の代表的なものは易や断易です。

一般的に易では竹製の細い筮竹(ぜいちく)を用い、断易ではサイコロや硬貨を用いて質問に対する卦を立てていきます。

その人の人生全般を表すような大きな占いよりも、時間とともに変化する「今」の明確な質問に答えるのが得意な占いだといわれています。

相術とは、目に見える対象物のかたち、様子から占いを行う占術のことです。

東洋占術の相術の代表的なものは風水や手相、姓名判断です。

風水であれば住居の場所や内外装を見直したり、手相であればペンでよい運勢の手相に書き換えたり、姓名判断は名づけや改名に用いたりと、実際に目に見えるかたちに手を加えて運気を上げて幸運を呼び込むことができる点が特徴的です。

◆状況に応じてバリエーション豊かな東洋占術を楽しもう◆

持って生まれた宿命や自分の人生の目的などスケールの大きな占い、目の前で起きている問題や心の中の葛藤について適切な答えをくれる占い、そしてより現実的に目に見える様相に手を加えて開運に導く占いなど、東洋占術には人生のさまざまなシーンに対応する占術がそろっています。

たくさんの種類があって目移りしてしまいそうですが、まずは今の自分が一番知りたいことを明確にして、その質問に一番合う占いを選ぶとよいでしょう。

しかし、せっかく鑑定してほしい占いが決まっても、自分の住んでいる場所の周りにその占いができる占い師がいないというケースもあるかもしれません。

そんなときには、自宅にいながら日本全国の占い師とコンタクトが取れる電話占いがおすすめです。

電話占いサービスのサイトには多数の占い師が登録されており、得意な占いのジャンルや実際に占ってもらった人の口コミもたくさん掲載されています。

鑑定料も明確に1分間いくらから、定額いくらなどと記載されているので安心です。

自分の希望に合う占い師を見つけて、奥深い東洋占術の世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。

◆オススメ電話占いFeel◆

Feelの詳細はこちらで確認

PAGE TOP