電話占いコラム

驚きの的中率と奥深さ!大地の予言占いジオマンシーの魅力とやり方

ジオマンシーという占いをご存知ですか?

日本人にはあまり耳慣れない占いですが、ジオマンシーとは砂や木の枝、紙とペンなど身近な道具があれば始められるシンプルな占術です。

ただし、使う道具はシンプルでも、その的中率と奥の深さは折り紙付き。

神秘的なジオマンシーの世界に触れてみませんか。

◆ジオマンシーっていったいなに?ジオマンシーの起源と歴史◆

ジオマンシーとは「大地による予言」という意味のギリシア語に由来しています。

「大地から予言を受ける」という語源の通り、ジオマンシーでは小石や土、砂などを地面に投げて偶然現れたパターンから占い結果を導きます。

その起源については諸説ありますが、一説には古くからアフリカで行われていた占いが中東に伝わり、中東アラブ世界でその占いに理論づけと体系的なまとめがなされてジオマンシーが誕生したと考えられています。

ジオマンシーはアラブ交易によってヨーロッパにも伝わって中世期とルネッサンス期には特に流行し、一般市民から貴族までその占いに親しんだといわれています。

17世紀以降には、人々の関心がオカルトや占いから離れるのと同時にジオマンシーも一時衰退しましたが、19世紀ごろに再びオカルトブームがやってくるとジオマンシーに関する書籍も出版されるようになり、広く世に知られるようになります。

イギリスの魔術結社「黄金の夜明け団」のメンバーは、これらの関連書籍をもとにジオマンシーをより占いやすい形に進化させました。

複雑で難解だったジオマンシーのプロセスを圧縮し、占い結果として現れる図形を何種類かパターン化して、それに対応する象意を選ぶ方式へとまとめあげたのです。

このことにより、ジオマンシーは身近で親しみやすい占術となり、人々に広く愛されるようになりました。

◆どうやって占うの?ジオマンシー占術のやり方◆

ジオマンシーの占い方には、さまざまなバリエーションがありますが、そのすべてに共通しているのは「基本となる無作為な数字を16個つくること」です。

タロットカードや易のように偶然出たように思えるこの16個の数字が占われる人の運命を表し、占いの結果を左右する重要なファクターになります。

16個の数字を導き出すための方法としてもっともポピュラーなものは、砂に木の棒で点を描画していく方式です。

まず木の棒で砂に一列、好きなだけ点を描画していきます。

それを4列作って1セットとし、同様のものを4セット(合計16列)作ります。

すべて点を打ち終わったら、列ごとに点の個数を数えて奇数ならば「四角形を一つ」偶数ならば「四角形を二つ」と描きます。

この結果でき上がった四角形の並びをもとに占いを展開していくのです。

上記の方法の現代的なアレンジとして、紙とペンを使って点を描画する方法もあります。

基本の数字16個を導くための方法はバリエーションに富んでおり、さやに入った豆の数や作物の芽の数を用いるもの、ナチュラルな木や美しい天然石でできた専用のサイコロを用いるものや、ダイヤルを回すとジオマンシーのシンボルが生成されるもの、コンピューターで自動的に16個の数字を作るものなど多種多様です。

基本の数字16個からシンボルの形を導き出したら、あとは「シールド表」と呼ばれる表にシンボルを当てはめて展開していきます。

シールド表は「母」「娘」「姪」と呼ばれる枠がそれぞれ4個ずつと、「証人」と呼ばれる枠が2個、そして最後に「裁判官」と呼ばれる枠が1個、合計15個の枠で構成されています。

「裁判官」の枠に導き出されたシンボルが占いの質問の答えを表します。

趣味の占いなどではこの「裁判官」のみの解釈で占いが完結しますが、熟練のプロの占い師はシールド表全体を使って占いの質問に関する細かい結果を導くことができます。

◆ジオマンシーの奥の深さを知りたいなら…プロの占い師の占いを体験しよう!◆

紙とペンさえあればすぐに挑戦できるジオマンシーは、占い初心者にとっても大変魅力的な占いです。

シンボルのもとになる数字を導くための方法も自由度が高く、自分の好きなものを選ぶことができるのも嬉しいところ。

しかし、シンプルで入り口は広くても、実はとても奥が深いのがジオマンシー占いなのです。

占い方の項目でもご紹介したように、最終的な結果を表す「裁判官」の項目だけでなくシールド表すべてを解釈して占いの質問に答えてこそジオマンシーの本領が発揮されるというもの。

ジオマンシーの占い師のことを「ジオマンサー」と呼びますが、充分な修業を積んで熟練の技を持ったジオマンサーならば質問の結果だけでなく、質問者の過去現在未来、取り巻く周囲の状況、障害となっているものなど、より詳しく深い占いの解釈を加えることができます。

とはいえ、プロのジオマンサーに占ってほしいと思っても日本ではまだそれほどメジャーではない占術のため、どこで占ってもらえばいいかわからないという場合もあるかもしれません。

そのようなときには、日本全国の占い師と簡単にコンタクトが取れる電話占いがおすすめです。

電話占いならばネットから熟練したプロのジオマンサーを検索して、自宅で好きな時間にリラックスしながら占いを受けることができるでしょう。

一度本物のジオマンシーを体験すると、その経験がセルフ占いでジオマンシーをするときにも役立つかもしれませんね。

◆オススメ電話占いFeel◆

フィールの詳細はこちらで確認

PAGE TOP