電話占いコラム

神秘的で美しいカードが魅力のタロットカード占いってどんなもの?

占いに興味がある人もそうでない人も「タロット占い」や「タロットカード」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
ここでは、タロットの歴史や種類、その魅力について詳しくご紹介していきます。

◆カードゲームから神秘的な占術へタロットカードの歴史◆

タロットの起源ははっきりしておらず、古代エジプトや古代ユダヤを発祥とするものなど諸説あります。

現存する最古のタロットカードはイタリアで15世紀に作られた「ビスコンティ・スフォルツァ版」と呼ばれるもので当時はカードゲームに用いられ、現在タロット占いに用いられるカードとは絵柄も異なるものでした。

17世紀~18世紀ごろには、現在のタロットカードの始まりとも言える「マルセイユ版」が登場し、タロットの占術を体系的にまとめた「タロットと呼ばれるカードのパックで楽しむ方法」という書籍がフランスで出版されます。

この書籍の著者である占い師のエッティラは、クール・ド・ジュブランの「太古の世界」に書かれた「タロットは古代エジプトの魔術秘書『トートの書』に起源を持つ」という説に強い影響を受け、神秘主義とタロットカードを結び付けました。

エッティラのタロット占術は現代タロット占いの源流とも言えるものであり、そのため彼は神秘主義系タロットの開祖と呼ばれています。

19世紀になるとフランスのオカルティストであるエリファス・レヴィが自著「高等魔術の教理と祭儀」でタロットとユダヤ教に基づく神秘主義思想であるカバラを結び付け、タロット占いはさらに神秘的色合いを濃くしていきます。

その後、レヴィの思想を受け継いだイギリスの魔術結社「黄金の夜明け団」に所属していたアーサー・エドワード・ウェイトが結社の解釈をもとに「ウェイト版」タロットを作りました。

20世紀初頭に発売されたこのウェイト版は発売元の社名からライダー版とも呼ばれ、のちに製作された現代タロットに大きな影響を与えています。

◆掘り下げた質問に答えるのが得意タロット占いってどんなふうにやるの?◆

一般的なタロットカードは、22枚の大アルカナと56枚の小アルカナと呼ばれる二種類のカードから成っています。

大アルカナは0と1~21までの数字が割り振られたカードで、それぞれに「愚者」「魔術師」「世界」などの名称がついています。

小アルカナは「棒」「剣」「聖杯」「硬貨」の4つの組(スートという)に分かれており、それぞれ14枚ずつそろっています。

大アルカナは大きく重要な出来事を占い、小アルカナは小さな出来事を占うといわれています。

市販のタロットカードは小アルカナを含まない大アルカナ22枚のみのものも多く、大アルカナだけでも占いをすることは充分に可能です。

タロットカードの占い方は基本的に「シャッフル」「切る」「カット」「展開」の4つの動作で成り立っています。

まずはカードを裏向きのまま机などに置いてクルクルと渦を作るように混ぜるシャッフルを行い、まとめたカードを切ったら3つのかたまりに分けて、またひとつにまとめるカットを行います。

その後、占いたい内容に応じて好みの展開法に応じてカードを並べ、現れたカードから占いの結果を読み取っていきます。

タロットは漠然とした質問よりも、より具体的な質問を考えて占うとはっきりとした「当たる」答えが返ってくる占いです。

占いたい内容をしっかり自分のなかで掘り下げて明確にしてから、カードをシャッフルするときに占いたい内容を心のなかで念じましょう。

◆実はとってもバリエーション豊かなタロットカード◆

タロット発祥から21世紀の今日まで、実はさまざまな種類のタロットカードが発売されています。

スタンダードなウェイト版やマルセイユ版に次いで有名なのが「トートタロット」と呼ばれるものです。

トートタロットは1947年にイギリスのオカルティストであるアレイスター・クロウリーによって考案されました。

現在のタロットの主流であるウェイト版と比べると、カードの絵柄が超自然的で不思議な雰囲気を持っており高い人気を誇るタロットカードの一つです。

次に新しいタロットの中でもオリジナリティを感じさせるのが「禅タロット」です。

禅タロットは20世紀のインド人宗教家バグワン・シュリ・ラジニーシの思想をもとにして、ラジニーシの弟子の手により作られたタロットカードです。

禅の思想に基づいた内容は日本人にもなじみやすく、深い精神性を反映した内容で人気があります。

ほかにも、ウェイト版を基本として登場人物が猫として描かれているキャットタロットや、スペインのシュールレアリスムの画家サルバトール・ダリが描いた「タロット・ユニバーサル・ダリ」などのアーティスト作タロット、またはウェイト版をベースにしながらもイラストを美しいCGで再現したリアルなタロットカードなど多種多様なカードが発売され世界で愛されています。

◆タロットカード自分で占ってみるもよし!プロに見てもらうもよし!◆

種類も豊富で自分で好きな絵柄を選べるタロットカードは魅力があります。

自分自身の心と対話するように、毎日タロットカードを引いて占いをするのもいいでしょう。

占いたい内容を思い描きながら一心にカードをシャッフルしていくと自然と集中力も高まりますし、解説本にのみ頼らずカードに表されたシンボルからイメージを膨らませて占い結果をリーディングしていくことは直観力を鍛えるいい訓練にもなります。

自分でタロット占いをすることに物足りなさを感じたときや、恋愛や仕事などで大きな悩みを抱えているときには一度プロの占い師さんに占ってもらうのもおすすめです。

タロットを得意とする占い師の中には霊感を持ち、霊視や遠隔視とタロットを組み合わせた「霊感タロット」という占い方法を用いる人もいます。

霊感とタロットを組み合わせてより深く悩みに切り込んだ占いができるのは、プロならではの技ですね。

そのようなプロにしっかり占って欲しいけれど、占いの館のような場所に直接出向くのはちょっと抵抗がある、という人におすすめなのが電話占いです。

直接対面占いをしてもらう場合にはどうしても出向くことのできる範囲も限られますが、電話占いならば日本全国の有能なタロット占い師から自分に合った相手を選ぶことができます。

待ち時間もなく、お店によっては深夜でも占いを受けられる場合もあるので忙しい現代人にぴったりの占いサービスだと言えるでしょう。

◆オススメ電話占いFeel◆

フィールの詳細はこちらで確認

PAGE TOP