電話占いコラム

結婚/相性/人間関係を占うのにおすすめのマヤ歴占いってどんな占い?

占いは星の動きや月の動きなど、自然の法則から導き出されたものも少なくありません。

例えば、古代マヤ文明で用いられたマヤ暦によって占うマヤ暦占いもそのひとつです。

ここではマヤ暦占いについて詳しく解説します。

◆占いに用いられるマヤ暦とは何?◆

マヤ暦とはマヤ人が使っていた暦のことで、マヤ文明のときにはすでに占いに用いられていたといわれています。

マヤ文明で暦が完成していたということは、その時代に時間の感覚を持っていたうえに、天文学や数学についての研究も進んでいたことを意味します。

ただし、マヤ暦は中央アメリカ各地で用いられていた暦の総称なので暦の種類は1つではありません。

どの地でどの民族が使い発展させたかによって周期や日数が異なる暦が10種類以上もあります。

日本で用いられている太陽暦とよく似ているのは、1周期を365日としている農耕暦ハアブです。

一方、1周期が極端に長いカレンダーラウンドは、1周期が52年もあります。

そのような中で、マヤ暦占いで用いられるのは1周期が260日のツォルキンです。

マヤ暦では1日をkinという単位で表すため、マヤ暦占いでもkinを単位として占いを行います。

◆マヤ暦占いの特徴とは?◆

マヤ暦占いは、ツォルキンという暦を用いて占います。

マヤ暦占いでは13と20という数字が基本になります。
その理由は、260日を20の神様が交代で支配していると考えたところからきています。

20の神々が交代で260日を支配すると周期が13になるからです。

マヤ暦占いは、人間はそれぞれ生まれ持った刻印があり、性格や運勢は誕生日を支配する神の影響を強く受け、日の持つエネルギーに強く支配されるという考えに基づきます。

マヤ暦占いによって生まれ持った刻印を知ることは、自分がどのような性格の持ち主で何が得意なのか、どのような部分に健康の不安があるのか、人間関係で注意すべき点はどこかなどさまざまなことを知ることに繋がるのです。

◆1日の単位kinがマヤ暦占いのポイント◆

マヤ暦占いではkinがとても重要な役割を果たします。

kinとは、1日の単位「日」のことです。そして同時に、誕生日によって支配される人のことも表します。
マヤ暦では1日のことをkin1と表すので、100日ならkin100です。

つまり、マヤ暦には260のkinがあるわけです。
マヤでは、人々は自分が生まれる日を選んで生まれてきていると考えていたため、260のkinは魂の番号としてそれぞれの個性の源であると理解されてきました。マヤ暦占いでkinが刻印として扱われるのはそのためです。

マヤ暦占いではkin同士の相性を見たり、自分自身のkinから使命を知ったり、相手のkinを見て行動や考え方を理解したりすることができます。

また、どのようなテーマで占うかによってkinが何を示しているかという解釈の仕方が変わるため、マヤ暦占いでは幅広いテーマについて占うことが可能です。

◆マヤ暦占いに出てくるさまざまなkin◆

マヤ暦占いが得意としているのは人間関係に関するアドバイスです。

例えば、目標や行くべき道などを教えてほしいときは「ガイドkin」に注目します。

お互いに足りないところを補い合える関係を求めるときは、真逆な感性を持った「反対kin」に注目するとよいでしょう。

恋人や結婚相手を求めるなら、お互いに惹かれ合う神秘的な関係のkinを表す「神秘kin」を探します。

長年寄り添いながら生きてきた夫婦のkinを見ると、気を使うことなく近くにいて心地よさを感じられる「類似kin」であることが多いようです。

なかなか出会うことはない分、もしも会えた時には強く共鳴し合える関係は「鏡の向こうkin」といいます。

「鏡の向こうkin」よりもさらに出会いが難しい相手が「絶対反対kin」です。

「絶対反対kin」とは、自分の意思や力だけではまず出会えない相手で、価値観や思想が全く異なるkinのことをいいます。

これらのkinとは異なり、この世に特別な使命を持って生まれてきたkinが「絶対拡張kin」という存在です。

世の中にある特定の事柄を広める使命を帯びて生まれてきたとされています。

これらのkinの意味をしっかり理解すれば、自分自身が潜在的に持っているものや周りの人の考え方を知ることに繋がるでしょう。

◆マヤ暦占いも選べる電話占い◆

誰かとけんかしてしまったり、気になる人がいたりするなど人間関係で迷っているときだけでなく、仕事を続けるべきか迷ったときなどにもマヤ暦占いが解決の糸口を示してくれます。

電話占いなら、思い立ったときすぐに占ってもらえて便利です。

◆オススメ電話占いFeel◆

Feelの詳細はこちらで確認

PAGE TOP