電話占いコラム

自分を知るための占い!ボトルが教えてくれるオーラソーマ

悩みや心配事は自分の内面を知ることで克服できることがあります。

自分をもっと深く知りたいと思ったときにぴったりな占いがオーラソーマです。

4本のボトルの選び方で自分本質や課題がわかるというオーラソーマについて解説します。

◆オーラソーマとはいったい何?◆

オーラソーマはAura-Somaのことで、Auraには光、Somaには生きるエネルギーや存在などの意味があります。

オーラソーマは1983年、イギリスのヴィッキー・ウォールが瞑想中に啓示を受け、この世にもたらされたものです。

オールソーマカラーシステムという呼び方もされ、イクイリブリアムボトル、ボマンダー、クイントエッセンスなどによって構成されます。

中でも中心となるのがイクイリブリアムボトルで、上下二層に分かれたカラフルなボトルです。

色はエッセンシャルオイルやハーブの抽出液、鉱物などによるもので、自然のエネルギーによるカラーヒーリングを応用した物になっています。

およそ110本のイクイリブリアムボトルの中から選び出した4本の色と順番にその人が持つ本来の姿や克服すべき課題などが映し出されるため、込められたメッセージを解釈し、問題の解決や生活の改善などに活用します。

◆オーラソーマの原点・チャクラとオーラとは?◆

オーラソーマを深く知るためには、チャクラとオーラについて知る必要があります。

チャクラとは、人間のエネルギーの源を意味します。サンスクリット語では車輪を意味し、人間の身体や心、命などすべての働きをコントロールするエネルギーの出入り口であるとされるものです。

中国の「気」や古代インドの「プラーナ」と同じものを指し、身体の内と外の気の交換や身体の中を巡る気の中心をなすものと位置づけられています。

人には複数のチャクラがあり、持っているエネルギーそれぞれに色や質の違いがあるとされています。

一方、オーラとは人間の肉体を包み込むように存在するエネルギーフィールドのことです。

エネルギーとして見たり感じたりできるもので、色や質はそれぞれのチャクラの影響を受けています。

オーラソーマでは、チャクラやオーラがボトルの選択に大きな影響を与えます。

そのため、普段オーラを見たり感じたりすることができない人でも、オーラソーマを通して自分の持つエネルギーの色を意識することができるのです。

◆オーラソーマを用いた占い・カラーセラピー・リーディング◆

オーラソーマを活用した占いとしては、イクイリブリアムボトルの選び方を読み解くカラーセラピー・リーディングが一般的です。

二層に色分けされたイクイリブリアムボトルは下層に潜在意識が、上層に表層意識が現れるとされています。
直感的に気になったボトルを左手で順番に4本ピックアップし、その色と順番で占います。

1本目には本質が、2本目には現在困難に直面しているできごとや克服すべき課題が表れます。

また、3本目は現在の状況、4本目は未来の可能性を表しています。

オーラソーマ自体は占いという扱いではなく、気づきと癒しを与えるものという位置づけです。

確かに、人間が持つ本質を目にすることによって、知らなかった自分に気づくきっかけになることは間違いありません。

しかし、オーラソーマはそれだけでなく、自分の内面を見つめることでこれから解決すべき課題を発見することができ、未来に向けた解決方法も提示されます。

その点では占いとしての要素も十分備えているため、性格判断などにも用いられているのです。

◆自分自身を見つめたくなったときも電話占いがおすすめ◆

悩みごとや心配事があるとき、占いに頼ることで前進する勇気を与えられることが少なくありません。

電話占いなら思い立った時すぐに占ってもらえます。ただ悩み続けているだけでは何も解決しません。

自分の本質を知り、克服すべき課題を見つけ出すためにも、気軽に相談できる電話占いを上手に利用してみましょう。

◆オススメ電話占いFeel◆

Feelの詳細はこちらで確認

PAGE TOP