電話占いブログ

【心の橋渡し(ラポールの構築)3】ムッシュ・クロード先生(電話占いFeel)

皆さん、今日は、 Feelのムッシュ・クロードです。

私の拙いブログをお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

続きです。

親近感を深めるための、もう一つのテクニックとして、バックトラッキングというものがあります。

簡単にいうと、相手の言ったことを返す、つまり、「オウム返し」ですね。

注意すべきは、相手の使った言葉や表現をできるだけ使うのであって、相手の話した言葉をすべて同じように返すのではないことです。

具体的には、3つの方法があります。

まず、相手の話した事実を返す。

相手の話した感情を返す。

相手の話を要約して返す、ですね。

基本的には、相手の話している事実を反復するわけですが、話しの中で相手が自分の感情を表す言葉を発した際、例えば「悔しかったんですね」といった感じで感情表現を返すと、この人はわかってくれていると思って貰えます。

また、話しが長くなった場合は、話がひと段落ついた時に、話の内容を要約して返してもいいでしょう。

相手への合わせ方について、もう少し詳しく説明します。

話し方を合わせる時は、声の調子やスピード、大小、音程の高低、リズムなどに注目し合わせていきます。

状態を合わせる時は、明るさや静けさ、感情や興奮状態などに合わせていきます。

呼吸を合わせるときは、相手の肩や腹部の動きを観察し、同じ呼吸のリズムを取るように合わせていきます。

当然、このためには細かく観察するテクニックが必要になります。

このテクニックをキャリブレーションといいますが、要するに、相手の心理状態を、相手の顔の状態、呼吸の深さ・浅さ・スピード、皮膚の色、目の動き、まばたき、声のトーン・スピードといった言語以外のサインで認識することですね。

例えば、何か心配ごとがある時には、口では「大丈夫」と言っていても、声のトーンや顔色や表情からは沈んだ様子が見て取れるでしょう。

それに対して、楽しい体験を思い出している時には、声がはずみ、血色が良くなり、口元を緩ませてその体験を語っているはずです。

このキャリブレーションは、意識し、訓練することで上達します。

人と話をする時にはやってみてください。

ただし、何度も言いますが、あからさまにはならないように注意してくださいね。

これにより、ほんの些細な変化も察知できるようになります。

そして、結果として、部下や同僚の信頼を得、全体的に云えば、対人関係を改善できるようになるわけです。

では。

「恋愛の黄金律」

パーソナルスペースという言葉をご存じだと思います。

簡単に言うと自分の周りを取り巻く空間のことです。

気持が波立った時は、心だけを鎮めようとするのではなくパーソナルスペース全体の空気を鎮めるようにしてください。

◆ムッシュ・クロード先生に占って欲しい方はこちら◆

Feelの詳細はこちらで確認

PAGE TOP