電話占いブログ

【梵字の神秘の力】悠鈴先生(電話占いFeel)

鑑定士 悠鈴です。

梵字という言葉をお聞きになったり、あるいは画像のような文字をご覧になったことはおありでしょうか?

これは仏教発祥の地インドで使われていた文字です。
守り本尊・守護神というものがあり、その文字を守護梵字といいます。
インドでは昔から守護梵字の刻まれた物を身に着けるという習慣がありました。

職場での人間関係や、ツラい恋愛をされていたり、いじめにあっていたり、未来が見えない不安な日々を過ごされている人々を導いてくださり、邪気を寄せつけないなどの力があります。

梵字は、インドのブラーフミー文字と呼ばれる文字が発達して悉曇文字(しったんもじ)となり、真言宗の空海(弘法大師)と天台宗の最澄の時代に広まった、梵字の主尊を象徴する文字です。

梵字は、それ自体に不思議な力が宿るとされ、霊的な神聖文字でもあります。
梵字自体が神様の主尊をあらわし、十二の干支により守護神の守り本尊(守護本尊)八神と梵字が決まっています。

一つの梵字に複数の神様(主尊)をあらわす場合もあります。
ご自分やご家族の生まれ年を確認して守護梵字と守護本尊と意味をご覧下さい。

【干支別の守護梵字と守護本尊】

◎キリーク・千手観音世音菩薩
(子年生まれ)昭和11,23,35,47,59年、平成8,20年生まれ

深い慈悲の心を持って千の慈手で一切の悩みを救い、願い事を全て叶えてくださる観音様です。
知恵や悟りを与え永遠の幸福と平和をもたらしてくれます。

◎タラーク・虚空蔵菩薩
(丑年生まれ)昭和12,24,36,48,60年、平成9,21年生まれ
(寅年生まれ)昭和1,13,25,37,49,61年、平成10、22年生まれ

あらゆる祈願に応えようと、福徳円満を願う人々に智慧を授けると言われます。
どんなことにも打ち勝つことが出来る力と、仕事への向上心や知恵を授けてくださいますので金運にも縁が出来ます。

◎マン・文殊菩薩
(卯年生まれ)昭和2,14,26,38,50,62年、平成11,23年生まれ

三人寄れば文殊の知恵と言われていますように、智、慧、証を象徴する菩薩様です。
苦労や災難を五智の剣で断ち幸福を招いてくれます。

◎アン・普賢菩薩
(辰年生まれ)昭和3,15,27,39,51,63年、平成12,24年生まれ
(巳年生まれ)昭和4,16,28,40,52年、平成1,13,25年生まれ

奥深い慈悲と徳の力をもって苦難と迷いに悩める人々の救済を請願します。
布施、持戒、忍辱、精進、禅定、智慧の6つの力で人々を救う菩薩様です。

◎サク・勢至菩薩
(午年生まれ)昭和5,17,29,41,53、平成2,14,26年生まれ

慈悲と知力を象徴していて、邪気を払い道を開き福徳長寿を授けてくれます。
一切を照らしますので、道に迷った時に迷いを解き苦難の道から救い出し、道を導いてくれます。

◎バン・大日如来
(未年生まれ)昭和6,18,30,42,54年、平成3,15,27年生まれ
(申年生まれ)昭和7,19,31,43,55年、平成4,16,28年生まれ

大日如来は宇宙そのものであるとされ、太陽のごとく輝き未来への道が明るく開けるよう人々を永遠に照らし続けます。

◎カーン・不動明王
(酉年)昭和8,20,32,44,56年、平成5,17,29年生まれ

右手に持っている剣によって一切の障害や煩悩を打ち砕き、左手に持つ羂索(けんさく)によって邪悪をしばり人々の平安を末永く守ります。
背中の炎は欲望や災難を焼き尽くすと言われていて光明の道へと導いてくれます。

◎キリーク・阿弥陀如来(子年生まれのキリークとは守護本尊が違います)
(戌年)昭和9,21,33,45,57年、平成6,12,30年生まれ
(亥年)昭和10,22,34,46,58年、平成7,19年生まれ

無量の大慈悲をもって20の光によって救い出して永遠の安らぎをもたらします。

いかがでしたでしょうか?

あなたの梵字と守り本尊尊がおわかりになりましたら、早速、お守りとして身に付ければ、強い味方になってくれることでしょう。
スマホの待ち受け画面に設定するのもいいですね。

◆悠鈴先生に占って欲しい方はこちら◆

Feelの詳細はこちらで確認

PAGE TOP