電話占いブログ

【古いフランス映画と手相占い】ムッシュ・クロード先生(電話占いFeel)

皆さん、今日は、 Feelのムッシュ・クロードです。

私の拙いブログをお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

今回から文章の終わりに恋愛に関する金言「恋愛の黄金律」を載せますので、よろしければお読みください。

昨日、録画しておいた「ラ・スクムーン」というフランス映画を見ました。

1972年制作ですからかなり古い映画なんですが、結構面白かったですね。

主演はジャン=ポール・ベルモンド。

いい俳優さんで、私は大好きです。

彼はよくアラン・ドロンのライバルと言われますが、フランスの人気投票ではずっと上でした(最近の人はドロンもベルモンドも知らないでしょうが)。

イケメンではないものの、何とも味がある顔をしていますし、演技も素晴らしい。
まさに国民的俳優ですね。

そう云えば、最近、かなり重い病気で入院した時もフランスでは話題になり、みんな心配していました。

それはいいとして、映画の話に戻ります。

ストーリーはいわゆるギャング映画(フィルム・ノワール:film noir)で、特に説明するほどではありません。

ただ、殺人で刑務所に入れられた主人公とその相棒が、第二次世界大戦直後にドイツ軍が埋めた地雷を除去することを条件に特赦(減刑)を得るところに興味を引かれました。

これは文字通り命と引き換えの作業なのですが、占いを信じない主人公がある日、突然気が弱くなり囚人仲間の占い師に手相を見てもらいます※。

※欧米にも手相占いはありまして、英語ではchiromancy(フランス語でもほぼ同じのchiromancie)と云います。起源は古代ギリシャにまで遡るらしく、現在ではジプシーなどが得意としています。

その時の占い師の反応が面白かったんですね。

占い師は主人公の掌を見るなり「今日は調子が悪い」と言って、席を立ってしまいます(字幕では「自信がない」になっていましたが、フランス語のセリフではこう言っていました)。

こういうことはよくあると思います。

クライアントに言えないことが。

私なんかもこれで悩むことが多いんです。

まあそれはいいとして、大体の人は主人公に何か起きると思うでしょうが、実際には主人公の相棒が爆発で片腕を失ってしまいます。

少しひねりが効かせてあったわけですね。

その後、主人公と相棒は釈放され、ギャングに復帰します。

そして相棒が新興ギャングに殺され、主人公が復讐に向かうところで映画は終わり。

まあ、興味のある人はDVDでもレンタルして見てください。

ついでに言っておくと、主人公の恋人を演じたクラウディア・カルディナーレ(イタリア人)は、当時一世を風靡したセクシー女優でなかなか見応えがありますよ。

では。

「恋愛の黄金律」

他人がどう言おうと、愛にタブーはありません。

自分に忠実に生きましょう。

後悔しないために。

◆ムッシュ・クロード先生に占って欲しい方はこちら◆

PAGE TOP