電話占いブログ

【インドで薬草浣腸を受ける前のお試しアーユルベータ体験談①】秋良先生(電話占いFeel)

こんにちは。
フィール鑑定士の秋良です。

今日は薬草浣腸を受ける前にお試しで色んなパンチャカルマ療法を受けてみたときの体験談について書いていこうと思います。

ある年の12月末でした。1月から始まる2か月目の薬草調合コースに参加するために、寒いデリーから逃げる意味もあり少し早目にケララに到着しました。
最初の1週間でコスメトロジーのクラスを取る予定でした。

1日目の基礎概論でアーユルベータの神髄は体の浄化であり、それには5つの方法
① Vamana(嘔吐による消化器官の浄化)、②Virechana(下剤による消化器官の浄化)、
② ③Nasya(点鼻による頭部分の浄化)、④Vasti(薬用浣腸による消化器官の浄化)、⑤Raktamoksha(瀉血による循環器系と血液の浄化)があると習い、これを体験してみたくなりました。

午後の実習が私の勘違いにより、顔や頭のマッサージだったので、コスメトロジークラスをキャンセルして、その分の金額をアーユルベータ治療の体験に充てることにしました。無事、交渉成立です。

私は基本的に病気ではないので、通常最低7日間とか続けなくてはいけない治療も、適当に短くしてもらい、より多くのトリートメントを体験できるようにプログラムを組んでもらいました。

私のメイン症状は以下です。
1、 20年来の慢性腰痛が、1年半前から軽いヘルニアによりずっと消えない。現在右のお尻から足にかけて痛みがある。
2、 全身の乾燥肌による肌のかゆみ
3、 日光アレルギー

普段の生活習慣、食べているもの、味の好み(甘い、辛いなど)、睡眠、排泄、過去の病歴、家族の病歴などの聞き取りと脈診、舌と目、爪の観察を得て、1週間で完了出来る治療法をいくつか提案してもらいました。

因みに私のこの時の状態はバータピッタ体質で、その2つ、特にバータが増えすぎていることによるドーシャと呼ばれる体をめぐるエネルギーのようなものが乱れている状態でした。

これにより、体験治療法は以下となりました。
① Sneha Vasti 5回(オイル浣腸)
② Kadi Vasti 7回(温オイルを痛みのある部分に小麦粉で練った枠の中に流し込み、終わった後にマッサージ)
③ Kashaya Dhara 5回 (薬草湯を体の両側から何度も全体にかける。左右前後数回ずつかける)
④ Chandose Bandage 7回 (薬草ペーストを痛みのある部分に塗って、コットンをまいて朝までそのままに。薬草湿布のような感じ)
⑤ Nasya 7回 (点鼻。薬草油を鼻から流し込み、最後に薬草煙を鼻から吸い込んで口から出す)
⑥ Abhyanga 1回(これがいわゆるアーユルベータのイメージが強い、オイルマッサージ)
⑦ Steam 1回(薬草サウナ)
⑧ Virechana 1回(薬草下剤法。①、⑤、⑥の後に行う)
⑨ Thakra Dhara 3回 (薬草バターミルクをおでこからたらす。冷たい)

これが全部で18,865ルピー。当時のレートで約3万5千円位でしょうか。
この他部屋代、3食付きで1日750ルピー(1500円ほど)です。

因みに最初はここでは勉強だけをするつもりだったので、病院としてのレベルはほとんど考慮していませんでした。
学生は、病院の空いている部屋を使います。一人一部屋で、イメージは大学時代にバックパッカー旅行をした時(10年以上前)の当時100-300ルピー位(3-6ドル)だった部屋に、Wifiとホットシャワー、バルコニーが付いている感じです。

ホットシャワーとWifiは譲れないですが、それ以外は最初はうおっとなるものの、昔を思い出したら慣れてきました。

インド占星術では今世だけでなく前世も見るハウスがありますが、最近前世も今世の過去もあんまり変わらない気がしてきました。
「昔を思い出したら慣れる」というのと、「記憶はないが、なんか知ってるような気がする」って似たような感覚な気がするのです。

それでは今日はこれにて。
ごきげんよう。

◆秋良先生に占って欲しい方はこちら◆

PAGE TOP