電話占いブログ

【神秘的な輝き“天才の石”フローライト!《パワーストーン豆知識》】妃ジュエル先生(電話占いFeel)

運気アップやエネルギーの循環などを、手助けしてくれるパワーストーン。

今回は「フローライト」についてお話ししましょう。

「フローライト」は、和名を「蛍石(ほたるいし)」といい、“蛍の光”のような幻想的で優しい色を持ちます。
多彩なカラーバリエーションが魅力で、主にパープル、ブルー、グリーンなどのカラーを持ち、全て透明感があり優しい幻想的な色を持っています。

他にもイエローやピンク、クリアなどバリエーション豊かで、中には一つのストーンに複数の色を持つバイカラーもあり、それらは「レインボーフローライト」と呼ばれます。

そして、色別にエネルギー的特性が多少異なり、あくまでも傾向としてですが、パープル系は明晰性や感受性を高める傾向、グリーン系は癒し的に働き、グラデーションカラーのものは、想像力を高める傾向が強いようです。

また、「フローライト」は「天才の石」といわれることがあります。
このストーンが持ち主の発想力を高めてくれるといわれる事から、この名で呼ばれているのですが、それは「フローライト」という鉱物は“発光する”という、普通のストーンではありえないような特性を持つことに由来していると考えられています。

「フローライト」は、大人になるにつれて固定化されてきた思考パターンや抑圧された感情から自分自身を解き放つために働き、子どもの頃の自由で無邪気な発想や思考力を高めてくれます。

新しい場所へ引っ越したり、刺激を得られる環境で働いてみると、貴重な経験ができるでしょう。
しかしすぐに環境を変化させるのは難しい時は、「フローライト」を“お守り”に、新たな発見や興味にアンテナを張ってみると、面白い経験ができるのではないでしょうか。

そして、脳や海馬を活性化させ、明晰性や記憶力を高めるストーンでもあり、受験勉強の時などに持っていると頭の疲れを和らげるのに役立ち、受験の“お守り”にもオススメです。

また“問題解決を助ける石”といわれ、悩みや迷いのある人に対して目の前の霧を晴らすようにエネルギーを純化し、道を示す灯台のように解決の糸口を照らしてくれるストーンでもあります。

「フローライト」のエネルギーやヒーリング効果についてですが…。
○抑圧された感情の解放
○無邪気な発想と思考
○ネガティブな感情を解消する
○頭の疲れをとる
○集中力と思考力を高める
○自由を求める心を強める
○記憶力を高める
○受験のお守り
などです。

ところで、パワーストーンはあなたの相棒(パートナー)です。
そして、半永久にエネルギーを発してくれる訳ではありません。
正しくお手入れをしてあげることで、効果を十分に引き出すことができたり、効果を長持ちさせる事ができます。

「フローライト」は太陽光、水、塩などは変質のおそれがありますので、避けたほうがよいでしょう。
また、熱や紫外線による発光のほかに、結晶軸に沿って規則正しく割れやすい性質でも知られています。取り扱いには注意が必要です。

「フローライト」の浄化・お手入れ方法
クラスター◎、スモーク◎、太陽光×、月光浴◎、浴水×

「フローライト」の和名を蛍石(ほたるいし)といいますが、グリーンの「フローライト」は、蛍が光っているようにも見えますが、それが理由で“蛍石”と呼ばれているわけではありません。

“蛍石”は加熱すると発光するという性質を持ちます。(ただし加熱すると割れてしまい、破片が飛び散る恐れがありますので、確かめるのは危険です。)

そしてストーンに含まれる成分によっては、紫外線を当てたときに、蛍光するものもあります。
このように発光のし方が特殊な性質から“蛍石”と呼ばれているのです。

◆妃ジュエル先生に占って欲しい方はこちら◆

PAGE TOP